2017年04月08日

はがき絵日記「アズマイチゲ」 清楚に咲いています。

今日の一枚は、「アズマイチゲ(東一華)」 清楚に咲いていますね。



        
2017.4-8.jpg




アズマイチゲは、山地や林ののなかで白い可憐な花を咲かせていますが、

花茎は、10〜20cm位で3〜5月に花を咲かせます。

今までは、山でしか見たことなかったのですが、千葉市泉自然公園では、

随分多く咲いていました。




         
2017.4-8-1.jpg




花は、2〜3cmくらいの花ですが、茎の先に一輪だけ白い花を付けます。



         
2017.4-8-2.jpg





名前の由来は、東日本で発見されたことと、一本の茎に一つだけ花を付けることから

「アズマイチゲ(東一華)」と付いたそうです。




         
2017.4-8-3.jpg





         
2017.4-8-4.jpg





         
2017.4-8-6.jpg




アズマイチゲの花言葉  「温 和」      キンポウゲ科  イチリンソウ属





よく似た花に、同じキンポウゲ科の「キクザキイチゲ」 がありますが、

違いは、葉で区別できます。

キクザキイチゲは、葉に細かい切れ込みが沢山入っていますが、アズマイチゲは、

葉の先が丸く切れ込みがあります。




どちらも素敵な花ですが、私は、アズマイチゲの可憐さの方が好きです。


これからは、キンポウゲ科の花で「イチリンソウ」「ニリンソウ」「サンリンソウ」

それに「オダマキ」など、楽しみですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 21:30| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム