2017年05月09日

はがき絵日記 「コマツヨイグサ」


はがき絵日記 「コマツヨイグサ(小待宵草)」 潮風に吹かれながら爽やかに。



       
2017.5-8-9.jpg




コマツヨイグサは、マツヨイグサ属の中でも一番小さく、潮風に吹かれながら

海岸や川原などに多く自生しています。



        
2017.5-8-2.jpg




黄色い小さめの花を付けた花茎は、砂浜を這うように広がっています。



         
2017.5-8-3.jpg




コマツヨイグサは、夜に咲く印象が強いですが、昼間でも20〜30%は花を

咲かせていますが、夕方になると花も多く咲き始めます。



        
2017.5-8-4.jpg




朝、つぼみ始めると色が変化します。

午前中の砂浜では、オレンジ色の萎んだ花が沢山見られますよ。



        
2017.5-8-5.jpg




コマツヨイグサの花言葉  「ほのかな恋」    アカバナ科  マツヨイグサ属





すぐ近くでは、「アメリカフウロウ」 が可愛い花を咲かせていました。

1cm 程の小さな花ですが、海岸沿などに目立たない姿で咲いています。

大好きな花の一つです。


       アメリカフウロウ        フウロウ科    

        
2017.5-8-5.jpg




マンテマ、こちらも個性のある小さな花を咲かせています。


       マンテマ           ナデシコ科   マンテマ属

        
2017.5-8-6.jpg





海岸沿いを歩いていてもいろいろな野草が目に飛び込んできます。

ただ、海岸沿いや砂浜に咲く花は小さい花が多いので気が付く方が少ないようです。

座り込んで写真を撮っていると「何があるんですか・・・?」とよく声をかけられます。

「可愛い花が咲いてるわよ・・・」と「あらー」 とびっくりされます。

ただ、興味の違いかも知れませんね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:01| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム