2017年07月31日

はがき絵日記「トキソウ」可憐な花

今日の一枚は、「トキソウ(朱鷺草)」 可憐で清楚な花です。



「トキソウ」 大好きな花の一つで毎年八方尾根で会うのを楽しみに登るのですが、

なかなか出会えません。今年は、数年ぶりにあうことが出来ました。


一本一本の細い茎の先に薄いピンクの花を咲かせます。



        
2017.8-1.jpg





名前の由来は、花の色が朱鷺の翼下や風切羽の色に似ていることから

「トキソウ(朱鷺草)」と名が付いたそうです。



         
2017.8-1-2.jpg




2cm程の小さな花ですが、横向きに咲く可憐で控えめな姿に魅かれます。



         
2017.8-1-3.jpg




地下に這う根茎があり、所々から地上に茎を立て先端に花を咲かせます。



         
2017.8-1-5.jpg





          
2017.8-1-6.jpg





         
2017.8-1-7.jpg




周りの草に埋もれる厳しい環境の中で花を咲かせていますが、小さいながらも

けなげに咲く花からは、ラン特有の美しさを感じます。



         
2017.8-1-8.jpg




トキソウの花言葉  「幻の愛」 「控えめ」      ラン科




薄いピンクの花が控えめに咲く姿が可愛くて健気で本当に魅かれます。

初めて出会ってからは、忘れられない花になりました。

今回は久しぶりでしたので、30分程も写真を撮りながら眺めていました。が

茎丈が10cmから15cm位で草の中で咲いていますが、他の植物を傷つけてはと

写真が撮りづらかったです。


一番会いたかった花に会えて本当に嬉しかったです。


今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 20:50| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

八方尾根スケッチ 他八方尾根の花 

今日の一枚は、「八方尾根のスケッチ」 と八方の花(4)です。



八方池からの下山の途中、登山道でのんびり白馬三山を眺めながらスケッチしました。



        
2017.7-29.jpg





池付近の湿地でワレモコウの葉のしずくから、山上の涼しさを感じます。

ワレモコウは、8から9月に花を咲かせます。



         
2017.7-29-1.jpg





ユキワリソウは、雪解けと共に花が咲き始めますが、八方池の周りでは6月には

可愛い花を一面に咲かせますが、少し花が残って咲いていました。


        ユキワリソウ(雪割草)         サクラソウ科        

         
2017.7-29-2.jpg





可愛いマイズルソウ・・・茎の上部に広がった2枚の葉を鶴の舞う姿に例えて

付いた名前だそうです。


        マイズルソウ(舞鶴草)          ユリ科

          
2017.7-29-3.jpg





ウラジロヨウラクは、可愛らしい狭鐘型の花をいっぱい付けています。


        ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)          ツツジ科

         
2017.7-29-4.jpg





アカモノは、花の色は白からやや紅味をおびるものまで変化があります。



        アカモノ(赤物)              ツツジ科

         
2017.7-29-5.jpg





八方池でのんびり花を楽しみ下山の途中で振り返ると厳しい「不帰(かえらず)」が

見送ってくれていました。



         
2017.7-29-6.jpg





         
2017.7-29-7.jpg





岩陰で咲く鮮やかな「シナノオトギリ」が、元気をくれました。


       シナノオトギリ(信濃弟切)         オトギリソウ科

         
2017.7-29-8.jpg





花いっぱいの尾根からは、五竜岳と鹿島槍ヶ岳が・・・・・縦走したときのことを

思い出します。今は、もう眺めるだけです。



         
2017.7-29-10.jpg





エゾシオガマが青空に向かって静かに咲いています。


        エゾシオガマ(蝦夷塩窯)         ゴマノハグサ科

        
IMG_6279a.jpg





         
2017.7-29-13.jpg





リフトからの白馬村の景色を楽しみながら、下山、バスターミナルの近くで

温泉で汗を流し高速バスで新宿まで。


お天気に恵まれた楽しい登山になりました。

以前のように高い山には登れなくなりましたが、これからも、楽しめる範囲の

登山を楽しみたいと思います。


まだまだ、紹介したい花がいっぱいあったのですが、この後は、絵で紹介していきますね。



八方尾根のお付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:27| Comment(15) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

はがき絵日記 「ハッポウタカネセンブリ」八方の花(3)

今日の一枚は、「ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)」 八方の花(3)です。



ハッポウタカネセンブリは、八方尾根と五竜遠見尾根の蛇紋岩に生育する固有種で

花には、濃青色の斑点があり可愛い花ですが目立ちにくいです。




         
2017.7-27.jpg




        ハッポウタカネセンブリ           リンドウ科

        
2017.7-27-1a.jpg





ハクサンチドリは、登山道斜面の茂みの中で一本だけ花を付けていました。

今年は、ハクサンチドリの花は少ないように思いました。


        ハクサンチドリ(白山千鳥)         ラン科

         
2017.7-27-2.jpg





とっても清楚な雰囲気のハッポウウスユキソウですが、ミネウスユキソウの変種で

八方尾根特産種の花です。


        ハッポウウスユキソウ(八方薄雪草)      キク科

        
2017.7-27-3a.jpg



        

         
2017.7-27-3.jpg





標高2060mにある八方池は、6月中旬までは氷に覆われていた湖面ですが、

夏には、白馬岳や不帰が映り込む美しい情景を見せてくれます。



         
2017.7-27-5.jpg





八方池の周りにはいろいろな花が咲いています。

ミヤマアズマギクは、地味な高山植物が多い中で目を引きます。


        ミヤマアズマギク(深山東菊)          キク科

         
2017.7-27-4.jpg




おなじみの「チングルマ」も、池のほとりの湿地帯で群生しています。


        チングルマ(稚児車)           バラ科

         
2017.7-27-6.jpg





爽やかに咲いているのは、「ハルリンドウ」ですね。


        ハルリンドウ(春竜胆)          リンドウ科

         
2017.7-27-7.jpg





イブキジャコウソウも池のほとりで這うように咲いています。

不思議な蝶が・・・・・はじめて見る蝶ですが、高山蝶でしょうね・・・・・。


        イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)        シソ科

         
2017.7-27-9.jpg





おなじみの「イワカガミ」も池のほとりで沢山咲いていました。


        イワカガミ(岩鏡)             イワウメ科

        
2017.7-27-16.jpg





花を楽しんでいるうちに、雲が湧き出し八方池を素敵な情景に演出してくれました。

山の様子は、一瞬にして変わりますが、それがまた、楽しい瞬間でもあります。




        
2017.7-27-15.jpg







美しく変化する八方池のほとりで一時間近く休憩し、朝食に小屋で頂いた

お弁当を食べました。

なんとも幸せなひと時です。やっぱり山は辞められそうにありません・・・・・。


今日も、お付き合いありがとうございました。




         


ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:00| Comment(13) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

はがき絵日記「シモツケソウ」八方尾根の花(2)

今日の一枚は、「シモツケソウ(下野草)」八方の花の2回目です。



八方尾根で咲く「シモツケソウ」は、優しいピンクの花で周りを優しく

包み込んでいます。


        シモツケソウ(下野草)       バラ科

        
2017.7-25.jpg




八方池山荘からは、尾根道と木道が整備された自然散策路に分かれますが、

散策路の木道ではシモツケソウが優しく迎えてくれます。



         
2017.7-25-1.JPG





真夏の空の下、キンコウカの黄色い花が尾根全体で楽しむことが出来ます、


        キンコウカ(金光花)        ユリ科

         
2017.7-25-2.jpg





緑の綺麗な針を持つハイマツも美しい花を咲かせています。


        ハイマツ(這松)           マツ科

         
2017.7-25-3.JPG





八方池山荘の近くでは、小さな「ムシトリスミレ」が、群生を作って咲いていました。


        ムシトリスミレ(虫取菫)         タヌキモ科

         
2017.7-25-4.jpg





白馬三山の夏の雄姿です。



         
2017.7-25-5.jpg





ハッポウアザミは、八方尾根の蛇紋岩に生える固有種です。

遠くに見える山は、鹿島槍ヶ岳と五竜岳です。


        ハッポウアザミ(八方薊)         キク科

         
2017.7-25-6.jpg





紫色の「ノビネチドリ」が、スマートな美しい姿で咲いています。


        ノビネチドリ(延根千鳥)         ラン科

         
2017.7-25-7.jpg




登山道脇には、色とりどりの高山植物が咲き目を楽しませてくれますよ。



         
2017.7-25-8.jpg





紫色の個性的な美しさを持つ「タテヤマウツボグサ」が、群生で咲いています。


        タテヤマウツボグサ           シソ科

         
2017.7-25-9.jpg





石神井ケルンの周りにもいろいろなお花が咲いていますよ。



         
2017.7-25-12.jpg





今日は、八方池山荘付近から八方池までの花ですが、明日は、八方池と

池の周りで咲く花をご紹介しますね。

やはり、高度を上げると花の種類もすこしづつ変わってきます。



今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:29| Comment(10) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

はがき絵日記「ニッコウキスゲ」八方尾根は花盛り

今日の一枚は、「ニッコウキスゲ(日光黄菅)」 八方尾根は花盛りです。



        
2017.7-23.jpg




21日(金)、22日(土) で、北アルプス八方尾根に行って来ました。

2日間とも穏やかなお天気に恵まれ、沢山の高山植物に囲まれて楽しい登山が出来ました。

優しいお花、可憐なお花、個性的なお花、沢山のお花に癒されました。

少しづつ絵を描きながら紹介していきますね。


鎌池湿原は、ニッコウキスゲとワタスゲが満開でした。



         
2017.7-23-1.jpg




       ニッコウキスゲ(日光黄菅)       ユリ科

         
2017.7-23-2.jpg





         
2017.7-23-3.jpg





優しい優しい雰囲気のシモツケソウです。


       シモツケソウ(下野草)        バラ科

         
2017.7-23-4.jpg





シロバナハナニガナは、庶民的な雰囲気で咲いています。


        シロバナハナニガナ(白花花苦菜)        キク科

          
2017.7-23-5.jpg





         
2017.7-23-6.jpg





同じニガナでも黄色い花は目立っています。


       ミヤマイワニガナ(深山岩苦菜)         キク科

         
2017.7-23-7.jpg





ハナチダケサシは、よく似た花に「トリアシショウマ」がありますが

ハナチダケサシのほうが、葉の幅が狭く丈も低いです。


       ハナチダケサシ(花乳茸刺)        ユキノシタ科

        
2017.7-23-8.jpg





ロープウエイ、リフトの下は、クガイソウ、ソモツケソウ、ニッコウキスゲなど

いろいろな花が咲き一面お花畑です。



         
2017.7-23-17.jpg





        
2017.7-23-18.jpg





四方八方が見えるというのが八方尾根の名前の由来ですが、尾根道のほかに

自然研究路が整備されていて、誰もが気軽に展望花を楽しむことが出来ます。


八方池山荘までは、ロープウエイとリフトでいけますので安心ですよ。


明日は、山荘周りの様子を紹介しますね。


今日も、お付き合いありがとうございました。



        


ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:31| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

「カンナ」 赤いカンナなの花咲けば

        今日の一枚は、 カンナ  真っ赤な花が夏を歌っていますね。



        
2017.7-20-15.jpg





       カンナは、日本の気候にとてもよく合い情熱的な夏を代表する植物ですね。

       夏の間は、いつも赤い花を元気いっぱいに咲かせていますね。


       花の色は、赤や黄色のほかにピンク、オレンジ、白色などあります。


          
2014.7-18-3.jpg




        大きな花びらのように見える部分は、6本ある雄しべの内の5本で

        残りの1本だけが雄しべとして機能するそうです。

        下の写真からもよく解りますね。


          
2014.7-18-2.jpg




        名前の由来は、カンナは、ギリシャ語で 「アシ(葦)」 を意味し

        その草姿が、アシに似ていることから「カンナ」と付いたそうです。



          
2014.7-18-1.jpg





          
2014.7-18-4.jpg




       カンナの花言葉   「情熱」 「堅実な未来」 「永遠」 「暑い思い」 「若い志

                                 カンナ科    カンナ属




           ♪♪♪  カンカン カンナの花咲けば

                     赤いカンナの 花咲けば ♪♪♪


        こんな童謡、聴いたことありませんか・・・・・。

        「赤いカンナの花咲けば」

               童謡歌手だった「松島トモ子」が歌っていましたね。


        子供の頃、童謡が大好きでラジオから流れてくる童謡をよく歌っていました。 

        今でも、童謡は大好きです・・・童謡には夢がありますよね。


        絵を描きながら 「赤いカンナの花咲けば」 を口ずさんでいましたよ。



         今日も、お付き合いいただき有り難うございました。


                          







日本山岳写真協会ホームページ                                  http://sangakusyashin.art.coocan.jp/



ブログ村に参加しております。よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
登録
posted by アイアイ at 23:00| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

はがき絵日記「イワダレソウ」浜辺花


今日の一枚は、「イワダレソウ(岩垂草)」 

           海岸の砂浜に根を張って咲いていました。



        
2017.7-18.jpg




海岸の岩場や砂浜に生える多年草ですが、近くの稲毛海岸でも砂浜を這い

群落を作って咲いていました。



        
2017.7-18-1a.jpg




花は、花穂の下から上へと花が咲きあがっていきますので、花穂がだんだん

長くなっていきます。



        
2017.7-18-2a.jpg





         
2017.7-18-5a.jpg





         
2017.7-18-8a.jpg




このように、砂浜を這うように茎を伸ばし花が咲いています。



        
2017.7-18-9.jpg




イワダレソウの花言葉  「忍ぶ恋」「誠実」    クマツヅラ科  イワダレソウ属




イワダレソウは、世界中の熱帯から亜熱帯に広く分布し、海岸に多く生え

乾燥にも強いそうです。





この日も穏やかな夕景でしたが、夕方の海は、いつも大勢の人が楽しんでしますよ。



        
2017.7-18-10a.jpg





今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:48| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

はがき絵日記 「トケイソウ」 別名{パッションフラワー」です。



今日の一枚は、「トケイソウ(時計草)」 別名「パッションフラワー」です。



個性的で美しい花ですが、ブラジル原産でパラグアイの国花になっているそうです。




        
2017.7-16.jpg




独特な造形美のある美しい花ですね。どうしてこんな花が生まれたんでしょうね。

あまりの美しさに、ただただ見とれていましたが、不思議な花ですね。


花びらが同じ色で10枚あるように見えますが、ガク片と花弁がそれぞれ5枚づつです。



         
2017.7-16-3.jpg




和名の由来は、三つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見えることから

「トケイソウ(時計草)」と付いたそうです。



        
2017.7-16-2.jpg




別名の「パッションフラワー」は、「キリストの受難の花」の意味で、

キリストと深い関係があるそうです。



         
2017.7-16-4.jpg





        
2017.7-16-5.jpg





        
2017.7-16-7.jpg




トケイソウの花言葉   「聖なる愛」 「信じる心」     トケイソウ科 




イエス・キリストの処刑を象徴する花とされているそうですが、

花言葉も、関係あるようですね。




写真では何度も見ていたのですが、実物の花を始めてみたのは2年前、房総の

海岸沿いの防風林の木に蔓を絡ませて咲いていました。

あまりにも繊細で造形美のある美しい姿に「これは、本当に花なの・・・?」

あまりの感動にしばらく動けませんでした。


そして今年、近くの神社に近い民家の垣根に蔓を伸ばし花をいっぱい咲かせているのに

出会いました。夢のようでした。これから毎年見られそうで楽しみです。


絵を描きながら、繊細で美しい不思議な花に感動しながら描いていましたよ。

どうしてこういう姿の花が現れたのでしょうね・・・・・。 不思議、不思議・・・。



今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 14:02| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

関谷智彦写真展 「自然のかたち」


関谷智彦写真展  「自然のかたち 



フレームマン・ギンザ・サロン ミニギャラリーに於いて

全日本山岳写真協会副理事長である関谷智彦さんの写真展が、開催されています。



        
2017.7-15-3.jpg




「自然のかたち」 いいタイトルですが、モノクロにより自然の造形美を

そのまま表現した素晴らしい写真展です。



        
2017.7-15-4.jpg




いつもは気が付かない自然にも、かたちがあることを写真から感じました。



        
2017.7-15-5.jpg




7月20日まで開催されています。是非、いらしてみてくださいね。




昨日は、9月に開催されます「全日本山岳写真協会」の写真展の入選作品の内

100点のプリントが出来、銀座の富士フイルムで作品の色校正がありました。

素晴らしい作品が素晴らしいプリントに出来上がり、残りの作品も楽しみです。


これから写真展に向かって何かと忙しくなりますが、楽しみも大きいです。



ポスター、ダイレクトメールも出来上がりました。



        
2017.7-15.jpg





         
2017.7-15-1.jpg




今年も、池袋の東京芸術劇場での写真展、少しでも多くの方に

いらしていただける事を楽しみにしています。



今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:30| Comment(6) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

はがき絵日記 「ニューサイラン」 40年に一度の花



今日の一枚は「ニューサイラン」  別名 「マオラン」 です。



        
2017.7-12.jpg





一昨日の新聞、千葉日報に40年に一度咲くと云われている「ニューサイラン」が

「千葉市高洲スポーツセンターの脇の花壇で咲いた」との記事にびっくり、

自宅マンションのすぐ前にあるスポーツセンターです。早速、行ってみました。


花は細長く、赤とオレンジ色の花が青空に向かって咲いていました。

はじめて見る花に感動です。



         
2017.7-12-2.jpg




ニューサイランは、40年に一度、花が咲くといわれている植物ですが、

ニュージーランド原産の多年草で6月から7月に花を咲かせるそうです。



         
2017.7-12-3.jpg




観葉植物として親しまれていますが、花を咲かせるのは、珍しいそうです。



         
2017.7-12-4.jpg





        
2017.7-12-5.jpg





         
2017.7-12-6.jpg




主に観葉植物として親しまれていますが、細長くピンとした葉は70センチ程です。

公園などでよく見かける植物ですね。こんなに不思議な植物とは知りませんでした。



2017.7-12-7.jpg




花茎は、2.5メートル程あり、伸びた枝にも花を咲かせています。

木の枝が伸びているように見えますね。



        
2017.7-12-8.jpg




ニューサイランの花言葉  「素 直」       リューゼツラン科




自宅マンションからいつも見下ろしているスポーツセンターが老朽化により

すぐ隣に今年の4月に新しくオープンしました。


2,3日前にも夕方散歩に出て花壇を見ていたのですが全く気が付きませんでした。

きっと、その頃が一番満開だったようです・・・ちょっと残念に思いましたが

それでも40年に一度の美しい花を見ることが出来て嬉しかったです。


今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:00| Comment(11) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

赤潮の海  色づく東京湾一帯

赤潮に色づく「東京湾一帯」 異常な海



最近、ニュースで頻繁に流れています東京湾の赤潮、先日、稲毛海岸へ行ってみました。

海面の色がすっかり変わっていました。



        
2017.7-14.jpg





        
2017.7-14-1.jpg





        
2017.7-14-2.jpg




そして、砂浜には赤潮に打ち上げられた魚がいっぱい・・・・・。

アジやイカやさばのような大きな魚も・・・異常ですね・・・・・。



        
2017.7-14-4.jpg





        
2017.7-14-5.jpg






        
2017.7-14-7.jpg





        
2017.7-14-8.jpg





防風林の中の遊歩道は海風が気持ちいいんですが変な臭いが・・・・・。



        
2017.7-14-9.jpg




海浜公園まで来ると多少匂いも薄くなりました。

一面に咲くシロツメクサが、絨毯のように美しいです。ホッとしました。



        
2017.7-14-10.jpg





        
2017.7-14-11.jpg





10日前に行った時にも海水が茶色く臭いがしていて、友達と「変な海ね・・・」と

眺めていましたが、その頃から発生した赤潮だった事がわかりました。


ニュースによると、まだ、しばらく続きそうですね。

早く、もとの青い海に戻ってほしいですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:20| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

はがき絵日記 「マンネングサ(万年草)」 小さなお星様です



今日の一枚は、「コモチマンネングサ(万年草)」

              小さな小さなお星様のような花です。span>



        
2017.7-11.jpg




小さな星型の「マンネングサ」は、道端や街路樹の下で一面に黄色い花を

咲かせていますが、花は、5mmほどの小さな小さな花です。



        
2017.7-11-3.jpg




星型の黄色い花・・・・・可憐で美しいですね。



        
2017.7-11-4a.jpg





        
2017.7-11-5.jpg




多肉植物で葉や茎に水分を蓄えるため、水をやらなくても万年生きられる事から

「マンネングサ(万年)」 と名が付いたそうです。



        
2017.7-11-7.jpg




コモチマンネングサの花言葉  「静粛」 「落ち着き」    ベンケイソウ属




マンネングサは、メキシコマンネングサ、ツルマンネングサ、海岸沿いに咲く、

タイトゴメ、キリンソウなど種類もいっぱいありますが、どの花も小さく

星型をした素敵な花です。


手をかけなくても、日当たりが悪くても、また、土質も選ばないので何処にでも

花を咲かせ目を楽しませてくれる馴染みの野草ですね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:30| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

はがき絵日記 「ヤマモモ(山桃)」の赤い実

今日の一枚は、「ヤマモモ(山桃)」 です。



今年も、近くの公園のヤマモモの木に赤い実をいっぱい付けていました。



        
2017.7-9.jpg




ビーズのような美しい実・・・・・一粒口に入れてみました・・・・・素朴で懐かしい味です。

田舎で育った私は、子供の頃、友達と近くの山に登るとよく食べていました。



         
2017.7-9-3.jpg




名前の由来は、山で育ち桃に似た味がすることから「ヤマモモ(山桃)」と

呼ばれるようになったそうです。



         
2017.7-9-4.jpg




ヤマモモは、中国大陸や日本が原産で、暖地に生息し暑さに強いそうです。



        
2017.7-9-5.jpg




公園の木下には、綺麗な実がいっぱい落ちていました。拾って帰りたくなりました。



        
2017.7-9-6.jpg




ヤマモモの花言葉   「教訓」 「ただ一人を愛す」     ヤマモモ科




ヤマモモの木は、樹形が美しく病虫害に強い為、街路樹としてよく見かけますが

こちらの稲毛海岸までの道路にも街路樹として植えられていますが、歩道脇には

沢山の実が落ちています。

こちらに越してきたとき都会の道路に植えられているのにびっくりしました。

が懐かしく嬉しかったです。


ジャムにすると美味しいですよ・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:31| Comment(10) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

防風林に咲く花 「トベラ(扉)」 です。


九州地方の方々が、大雨による大変な被害にみまわれていますが

     皆様のご無事を心からお祈りいたします




今日の一枚は、「トベラ(扉)」 海岸防風林に咲く花です。




        
2017.7-6.jpg





トベラは、春5月から6月に香りのいい白い花を咲かせます



         
2017.7-6-1.jpg




海岸沿いの防風林などに多く植えられていますが、春には少しづつ咲き始め

夏には防風林が白い花で美しくなります。


名前の由来は、トベラの枝を魔除けのために、門扉に挿した風習から

「トビラの木」」 と呼ばれていたのが「トベラ」となったそうです。



         
2017.7-6-9.jpg




秋には、黄色い果実がいっぱい付きます。



        
2017.7-6-6.jpg




そして、冬になると果実がはじけて、赤い実がいっぱい出てきます。

果実のはじけ方がとてもユニークですね。



        
2017.7-6-8.jpg




トベラの花言葉   「慈しみ」 「偏愛」      トベラ科




秋から冬の果実や赤い実の表情は何度かブログに載せてきましたが、

白く咲く花の絵は初めて描きました。


春から夏、秋、冬の変化のはっきりしている植物は見ていて楽しいですね。

稲毛海岸から幕張の海までの防風林でも美しく咲いていますよ・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 15:01| Comment(14) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

はがき絵日記 「ハマボウフウ


今日の一枚は、「ハマボウフウ(浜防風)」 です。



ハマボウフウは、海岸の砂地に自生する海岸性の多年草です。



        
2017.7-3.jpg




砂浜では、水分がすぐに乾くため根は地上部の10倍位長く地下に伸ばしているそうです。



         
2017.7-3-2.jpg




名前の由来は、根が深くはびこることで浜辺の砂が風で飛び散るのを防ぐ事から

「スナボウフウ(砂防風)」と名が付いたそうです。凄いですね・・・納得ですね。



        
2017.7-3-3.jpg





        
2017.7-3-4.jpg




ハマヒルガオを守っているようですね・・・・・。



        
2017.7-3-8.jpg




ハマボウフウの花言葉  「恋が芽生えた瞬間」     セリ科  ハマボウフウ属




ハマボウフウの葉はつやつやした葉ですが、この葉や茎は刺身のつまとして

また、酢味噌和えなどに高級食材として扱われているそうですよ・・・・・。

まさに、海の山菜・・・・・でも、採取は禁止されているそうです。


近くの検見川浜から幕張の浜には、たくさん自生しています。

が採ったらいけないんですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 09:01| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

稲毛海岸の美しい夕暮れ

昨日は、久しぶりに稲毛海岸へウオーキングに出ました。



蒸し暑い一日でしたが、夕陽に色づく美しい稲毛海岸の夕景でした。




        
2017.7-2-1aa.jpg




海面も、黄金色に染まりました。



        
2017.7-2-2a.jpg




雲の中に見え隠れしながら、大きな真ん丸い太陽が沈んでいく感動の瞬間です。



        
2017.7-2-3a.jpg





洛陽の後は、海から空に目を移すと一面に広がる雲が美しく色付きました。



        
2017.7-2-5a.jpg






実は、美しい夕陽を楽しんでいたのですが、砂浜に打つ寄せる波を見ると

海水が何か変な色をしています。茶色く少しどろどろした感じです。

海から変な匂いが匂ってきます・・・???。



        
2017.7-2-6.jpg




波のしぶきも茶色いですね。何が原因なのでしょうね・・・・・?。



        
2017.7-2-7.jpg




こんなに茶色の汚い海を見たのは初めてです。ちょっと不気味ですよね・・・・・。



        
2017.7-2-8.jpg





海へ出る前に、花の美術館へ行き、偶然にも近くの友達に会い一緒に海へ出ました。

おしゃべりをしながら砂浜を歩き、突堤の石に座り夕陽を一緒に楽しみましたが、

日入が7時過ぎ、気が付いたら周りは薄暗くなり友達と帰途についたのですが

ウオーキングで海から約30分、家に付いた頃は真っ暗でした。


思わぬ友達との楽しいひと時になりました。


今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 13:01| Comment(8) | 自然との語らい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

はがき絵日記 「オオダイコンソウ」 です。

今日の一枚は、「オオダイコンソ(大大根草) です。



栂池登山道脇の草むらの中で咲いている、一本の黄色い花が目に飛び込んできました。

「オオダイコンソウ」 花でした。



        
2017.7-1.jpg




オオダイコンソウの花は、1.5cmくらいの花で、6月から8月頃に花を咲かせます。



         
2017.7-1-2.jpg




名前の由来は、コン根生葉が大根の葉に似ていることから「オオダイコンソウ」と

名が付いたそうです。



         
2017.7-1-4a.jpg





        
2017.7-1-6.jpg




オオダイコンソウの花言葉  「前途有望」      バラ科   ダイコンソウ属




よく似た花に、ダイコンソウ、カラフトダイコンソウなど、ありますが、

葉の形や、花の様子など少しづつ違うようですね。


花言葉もそれぞれ違うようですが、どの種類にもいい花言葉が付いていますよ。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 17:15| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム