2012年09月10日

はがき絵日記 ウサギギク 高山植物




         今日の一枚は ウサギギク(兎菊)八方尾根で出会いました。


      

           2012.9.9-1.jpg



          ウサギギクは、高山帯の日当たりのよい草地に生え、夏の終わりから

          秋にかけて、馴染み深いですね。

          高山植物としては珍しく花が大きく、鮮やかな黄色で目立ち、

          力強さを感じます。



          名前の由来は、根元に生える葉の形がウサギの耳に似ていることから

          「ウサギギク」と付いたそうです。



          2012.9.9-2.jpg

           ウサギギクの花言葉  「愛 嬌」

                      キク科  (ウサギギク属)多年草



           明るい方へ   

                明るい方へ  明るい方へ。

                   一つの葉でも  陽の洩るとこへ。

                              藪かげの草は。


                明るい方へ  明るい方へ。

                   翅は焦げよと  灯のあるところへ。

                              夜飛ぶむしは。


                明るい方へ  明るい方へ。

                   一分もひろく  日の射すところへ

                             都会に住む子等は。


                          (金子みすず 名詩集より)



           とっても可愛い詩ですね。
         

           野の花も明るい方へ、明るい方へ向いていますね・・・・・。









       
posted by アイアイ at 00:02| Comment(2) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さなヒマワリのようだわね。何でもいいからやさしそうなのをお手本に送って下さいね。
以前住所はメールで送ったですよね?
Posted by ちごゆり at 2012年09月10日 17:33
ちごゆり さま
そうですね、ちいさなひまわりですね。
30cmほどの茎の上に4cmほどの高山植物としては大きな花を咲かせていますよ。

別口でメール送りましたよ。
Posted by アイアイ at 2012年09月10日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ディスクシステム