2012年09月14日

はがき絵日記 タテヤマリンドウ 高山植物



        まだまだ残暑のきびしい日が続きますね。


        今日の一枚はタテヤマリンドウ>(立山竜胆)八方尾根で

        出会いました。(八方尾根での出会いの花は、まだつづきます。)



          2012.9.13.jpg



         「タテヤマリンドウ」は、小さく可憐に咲いているので出会えると

         うれしいですね。ひっそりと咲いて日がかげると閉じてしまいます。


         ハルリンドウの高山型変種で、本州以北の高山帯に自生しています。


         名前の由来は、竜の肝のように苦いことから「竜胆(リンドウ)」

         の名が付いたそうです。「タテヤマリンドウ」は、立山に多く生息

         することから「タテヤマリンドウ」と付いたそうです。



          2012.9.13-1.jpg

          タテヤマリンドウの花言葉  「物思い」

                       リンドウ科 (リンドウ属) 多年草



         リンドウは、薬効として食欲不振、消化不良、胃痛、腹痛など

         に使われているそうですよ。


         また、竜胆酒としても利用されるそうですが、かなり苦いので

         要注意とか・・・・・。   



         綺麗なお花を眺めているだけでいいですよね・・・・・。




         

         


posted by アイアイ at 00:03| Comment(0) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ディスクシステム