2016年03月03日

強風が吹き荒れる八方尾根

強風の八方尾根


昨日は、毎年登る雪の八方尾根に行きました。が強風の為、リフトはストップ

ゴンドラはかろうじて動いていましたが、ゴンドラの終点が強風のためスキーや

ボードで下りられる人しか乗せてもらえず、八方池山荘の工藤さんと連絡を取り合い

しばらくゴンドラ乗り場で待っていたのですが、風が治まらず結局動く見込みがない

と判断、のんびり温泉に入り、帰りは長野周りの高速バスで夜遅く帰ってきました。




八方尾根は、強風のあと自然が創り出す芸術「シュカブラ(風紋)」が現れます。

今回は、残念ですが登れませんでしたので、以前、撮った写真を数枚紹介しますね。



         
2016.3-3.jpg




冬にしか見られない雪の芸術の素晴らしさに魅せられ毎年カメラを背負って登りました。

朝、日の出前に登り寒さに耐えながらチャンスを待ちますが、日の出と共に現れる

素晴らしい情景、言葉には表せない大きな感動に涙が・・・その涙が凍ったことも・・・。


その時の風の強さや風向きによって、幾何学的な模様であったり、スプーンカットの

模様だったりといろいろな模様が刻まれます。



         
2016.3-3-2a.jpg





         
2016.3-3-3.jpg




八方尾根の冬は激しく荒れる日が多く、穏やかな日は数日しか無いくらい気性の

激しい尾根です。それだけに自然の面白さも感じるのですが・・・・・。



この写真の日も強風の吹き荒れる中を登山者が・・・・・。

      
         
2016.3-3-4.jpg




時として、こんなに素晴らしい穏やかな朝を迎えることもあります。

穏やかな朝、白馬三山が素晴らしい姿を見せてくれました。感動の朝ですね。


         
2016.3-3-3a.jpg




私は、30年近く山に登っていますが、山の中で悪天候に会ったことも少なく

よく「晴れ女」と言われていましたが、「何時も山が私の見方になってくれてる」

と山に感謝していました。登る時も、写真を撮る時も先ずは条件です。

良い写真がとれた時は、山に「味方してくれて有り難う」てつぶやいていました。


昨日は「今日は、山に登るのやめなさい」と云うことだったのかも知れませんね。




気持を切り替えて八方温泉でのんびり、身体を温めました。

バスターミナル近くにある、八方温泉が新しく大きくなりましたよ。



         
2016.3-3-6.jpg




ゆったりする部屋も出来、広くなりました。



         
2016.3-3-7.jpg





         
2016.3-3-8.jpg





         
2016.3-3-9.jpg




外に出ると足湯もあります。



         
2016.3-3-10.jpg




八方バスターミナルです。今年は、本当に雪が少ないです。

バスを待つ人半分は外人さんですよ。



         
2016.3-3-11.jpg




昨日の風で今日はどんなシュカブラが・・・きっと素晴らしい模様が刻まれていると

思います。が、今日も、朝一番から強風のためリフトが止まっているとの事でした。

この時間、もう、動いているかも知れませんが・・・・・。




今回の雪山は、予定では北八の北横岳に行く予定でしたが、前日小屋に電話すると

「明日は山を下りるので小屋には誰もいなくなるよ」とけんちゃん・・・・・。

それなら特急券も買ってるしと八方の天気を調べると晴れマーク・・・白馬村は

風もなく穏やかでしたが、山は、やっぱり違いました。

それに、一緒に行く予定だった友達が「親戚に不幸が出来ていけなくなった」との連絡

悪条件が3っつも重なるなんて、やっぱり「今回の登山はやめなさい」と

山が教えてくれたのかも知れませんね。




今日は、お雛様ですね・・・雛あられ食べながらのんびりしてますよ。


今日も、お付き合い有り難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:45| Comment(15) | 登山日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがの晴れ女も、たまにはこう言うことも
ありですね。遠くの温泉まで行ったと思い、
何事も無く、良しとせねばですね。
お疲れさまでした。

シュカブラは、この目で見たことがありませ
んが、涙が凍るほどの感動は生涯忘れることは
ないでしょう!
Posted by もり at 2016年03月03日 18:23
八方尾根は何度も歩いていますが
春、夏、秋を経験しましたが
冬は登っていません。

冬山の美しさは格別ですが
登らない勇気も大切ですね。

応援ぽち
Posted by よっちん at 2016年03月03日 20:29
北横さんも、縞枯さんも・・・
この時期のウィークデーはほとんど開店休業状態ですから・・・ネ。
八方尾根、残念でしたネ。
下界は穏やかでも・・・
山の上だけ強風・・・
などと云うこともよくありますよ・・・ネ!?
ゴンドラの運行者も・・・
運行してお客さんに乗ってもらいたい気持ちは山々でしょうが・・・
何しろ安全第一ですからネ。

素敵な写真を堪能しました。
Posted by ヒカリゲンジ at 2016年03月03日 21:47
自然の猛威には勝てず折角の登山残念でしたね。
悪条件が3つも重なるとは温泉で体を休めと言うシグナルだと思わなくては。
見事なシュカブラは次回の楽しみに取っておきもっと素晴らしい景色(シュカブラ)が見られるといいですね。
私も楽しみに待ってますよ。
Posted by hitori-shizuka at 2016年03月03日 22:41
ゴルフ場では強風は嫌われますが、
山岳での強風はご法度なんですね!

風紋で刻まれた模様は月面のよう
でもあり、万華鏡を覗いてるよう
でもあり、飽きません!
Posted by もり at 2016年03月04日 08:22
もりさん
そうですね、温泉に来たと思ってのんびり
して、一応大好きな雪山を見られたことで
楽しめたと思います。
シュカブラは、本当に素晴らしいです。
山に登ったものにしか見られない感動ですね。
また次の機会に楽しみたいと思います。
有り難うございました。
Posted by アイアイ at 2016年03月04日 21:30
今日も仕事に追われ
帰宅が遅くなりそうですので
訪問だけで失礼します。

明日は家人と一泊旅行に出ます。
ちょっとはのんびり出来るかな(*^_^*)

応援ぽち
Posted by よっちん at 2016年03月04日 21:39
よっちんさん
八方尾根は、写真を撮る私のテリトリーの
一つとしてよく登りますが、冬が一番好きです。
他には、西穂、北横ですが、いずれも山小屋と
親しくしています。
山は、無理は禁物ですね。
有り難うございました。
Posted by アイアイ at 2016年03月04日 21:40
ヒカリゲンジさん
山のお天気は、天気予報だけではわからないことが
ありますね。冬は特に激しいですね。
ゴンドラの運行者・・・ヒカリゲンジさんも
こういう時には大変なのでしょうね。
安全第一、本当にそうですよね。
有り難うございました。
Posted by アイアイ at 2016年03月04日 21:47
hitori-shizukaさん
本当にそうですよね。今回は、私もいさぎよく
諦めました。歳のこともありますしね・・・。
今年は、もう暖かくなると雪があっても、いい
シュカブラは出来なくなりますが、それなりに
楽しめます。また、紹介しますね。
有り難うございました。

Posted by アイアイ at 2016年03月04日 22:00
よっちんさん
ご旅行いいですね。
奥様と楽しい旅行になりますように。
お気をつけてね。
有り難うございました。
Posted by アイアイ at 2016年03月04日 22:03
山岳写真って凄いなって、思います。
モンクロの写真は展示会場で見たような
記憶があります。
Posted by もり at 2016年03月05日 17:07
今日は驚くような暖かさでしたね。
素敵な週末をお過ごしください。

旅先にて訪問だけで失礼します。

京都府京丹後市久美浜にて

応援ぽち
Posted by よっちん at 2016年03月05日 17:48
もりさん
そうですね。モノクロ写真は、2年前の写真展に
出品、目録の表紙に採用された時の写真です。
今年も、雪山のモノクロ写真を出品しますよ。
有り難うございました。
Posted by アイアイ at 2016年03月05日 22:29
よっちんさん
千葉も今日は、暖かい一日でした。
京都の旅行いいですね。
写真楽しみにしていますね。
有り難うございました。
Posted by アイアイ at 2016年03月05日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ディスクシステム