2017年04月07日

はがき絵日記 「アマナ」 可憐です。

今日の一枚は、「アマナ(甘菜)」 可憐な花です。 



        
2017.4-6-14aa.jpg




アマナは、草地などに生える多年草で3〜5月、白くて花弁のはっきりした2cmほどの

小さな花・・・・・個性のはっきりした花です。



         
2017.4-7-1.jpg





         
2017.4-7-2.jpg




名前の由来は、根と茎に甘みがあり食用として食されていた事から「アマナ(甘菜)」

と名づけられたそうです。



        
2017.4-7-3.jpg





        
2017.4-7-4.jpg




草丈は、15〜20 センチ位で、葉は、線形で15cmから25pの細長い葉で、

群生して咲いていました。



        
2017.4-7-6a.jpg




アマナの花言葉   「お天気屋さん」        ユリ科    アマナ属


花言葉は、太陽が出なければ花が咲かないことから付いたそうです。



毎年、同じところに花を咲かせる多年草ですが、チューリップと同じように

2枚の葉の根元を広げ、その中央から花茎を出しています。


花の中を覗き込むと、可愛い表情していましたよ・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 20:00| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お天気屋さん…

最近は職場でr
若い人と接していると
こういう「お天気屋さん」が
多いように感じています。

彼らからしたら
私はうるさい上司なんでしょうね。

応援ぽち

Posted by よっちん at 2017年04月07日 20:36
アマナ・・・
お天気屋さんとは、面白い花言葉ですネ。
この花、あまり記憶にないので・・・
若しかしたら初見かも??
此れも食用になるんですネ。
食用になる野草は結構多いですネ。

素敵な絵と写真を堪能しました。
Posted by ヒカリゲンジ at 2017年04月08日 00:06
群生したアマナ見事です。
かわいい花ですよね。
こちらも紫雲山と尾根続きになっている西方の山の尾根付近に自生しているのを3度ほど見に行ったことがあります。
花言葉がお天気屋さんとは良く付けたものですね。
Posted by hitori-shizuka at 2017年04月08日 00:25
花名も花言葉も分かりやすいですね。
時々見かけているのだと思いますが、
今まで認識がありませんでした。
まだまだ初心者です。

気の晴れるような桜の写真も期待してます。
Posted by もり at 2017年04月08日 12:23
桜が見頃の週末だというのに
生憎の天候ですよねぇ。

遅れていた桜が一気に咲きましたが
雨だけはどうにもなりません。

応援ぽち
Posted by よっちん at 2017年04月08日 14:41
よっちんさん
最近の若い人と話をするときは、
凄く気を使いますよ・・・。

せっかく桜満開なのに、お天気が
悪く本当に残念ですよね。
来週になって散り桜でも楽しみますか。

有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年04月08日 20:47
ヒカリゲンジさん
アマナは、知らない方が多いかもしれません。
何処にでも生えることは少ないようです。

甘い植物のようですが、結句食べられる野草
多いですね。でも、怖いですね・・・。
有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年04月08日 20:50
hitori-shizukaさん
群生しているのは珍しいですね。
びっくりしましたよ。
花言葉、面白いですね。
晴れた日にだけ咲くんですね。
有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年04月08日 20:54
もりさん
本当に名前も、花言葉もぴったりですね。
アマナは、普通の野草とは違い何処にでも
咲くわけではないので、見かけることは
少ないかもしれませんよ。
植物園などで咲いているかもしれません。
有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年04月08日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ディスクシステム