2017年05月02日

はがき絵日記 「ハナワサビ」 です。

今日の一枚は、「ハナワサビ(花山葵)」 です。 



4月、安曇野あたりをドライブしていると白い絨毯を敷きつめたように一面

真っ白の花が咲いています。


                                (2015.4.  描)
         
2017.4-16.jpg




「ハナワサビ」とは、花を咲かせる前のつぼみの状態の若い花茎の事ですが、

春、北アルプスの湧き水が流れる安曇野のワサビ田で白い花が一面に咲いている

光景は、清々しい風景ですね。



         
2017.4-16-1.jpg





         
2017.4-16-3.jpg




今年は、スーパーで見かけることはなかったですが、時としてスーパーの

店先で見かけることもあります。

ワサビ特有の鼻を突き抜けるような辛味と、シャキシャキ感と苦味が特徴です。



         
2017.4-16-6.jpg





        
2017.4-16-9.jpg




ワサビの花言葉  「目覚め」 「うれし涙」        アブラナ科  ワサビ属




ハナワサビを軽く塩もみして熱湯をかけ、密封してしばらく置いたらお浸しにしたり

漬物にしていただきます。


温かいご飯に合い、春の味が美味しいですよ・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。
         







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 17:00| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近は外国人にも
わさびが人気なようで
大量にお寿司に乗せたりするようです(*^_^*)

我が家は家人がわさびがダメなんですよねぇ。

応援ぽち
Posted by よっちん at 2017年05月02日 20:59
ハナワサビ・・・
スーパーなんかで、時々見かけますネ!?
山葵畑に一面に咲く様は、圧巻でしょうネ。

素敵な絵と写真を堪能しました。
Posted by ヒカリゲンジ at 2017年05月02日 23:43
ワサビとは違うようですが、お浸しや漬物にしたら
確かに美味しそうですね。
安曇野のワサビ田で一面に咲いている白い花は
ワサビなのでしょうか?
無知で恥ずかしいことです(笑ってごまかす)
Posted by もり at 2017年05月03日 07:55
よっちんさん
最近、外人にワサビが人気あること
私も何かで見ましたが、ワサビを大量に
使うようですね。不思議ですね。
有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年05月03日 21:15
ヒカリゲンジさん
真っ白に広がるワサビ畑は
美しいですね。
ワサビが出来るまでの短期間ですが。
有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年05月03日 21:18
もりさん
ハナワサビは、根にワサビが出来る前に
花の付いた状態のものです。
ダイコンに花が咲くように、ワサビにも
花が咲きますが、この花の付いた菜の
部分を取りすぎるとワサビが不作に
なりますので、間引いたものがハナワサビと
として短期間に売られています。なので、
ハナワサビもワサビの味がしますよ。
有難うございました。
Posted by アイアイ at 2017年05月03日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ディスクシステム