2018年02月17日

はがき絵日記 「ラッパバナ」 温室の花


今日の一枚は、「ラッパバナ(喇叭花)」 温室に咲く珍しい花です。




原産地はメキシコ、ジャマイカなど、日本へは、1951年に渡来したそうです。

開花時期は周年で、特に12月から1月頃が開花の盛んな頃です。


花の美術館の温室でも、やはり1月に幾つかの蕾と共に大きな花を咲かせていました。




        
2018.2-16v.jpg




花はラッパ状で、花径は15cm位の大きな花ですが、夕方に多く咲きます。

ココナツのような香りがするそうですが、蔓性で頭上高いところで咲いていましたので

香りは感じられませんでした。

花は、咲き始めは白で翌日には黄色くなるそうです。




         
2018.2-16-1.jpg





つぼみも大きなつぼみが付いていました。

このつぼみが開くときには「ポン」と音を立てるそうです。

見てみて、聴いてみたいですね・・・・・。





         
2018.2-16-2.jpg



ラッパバナの花言葉  「尊い記憶」        ナス科    ラッパバナ属




珍しいバナナの花も付いていました。



        
2018.2-16-3a.jpg





         
2018.2-16-11.jpg





        
2018.2-16-9.jpg





温室ドームの中は、太陽がいっぱい差し込み温かく熱帯の植物がいっぱいです。

普段は、あまり見ることの出来ない花が咲いて楽しませてくれます。

これからも、少しづつ紹介していきますね。



今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 19:32| Comment(4) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

はがき絵日記「オヒルギ」花の美術館温室の花 2


今日の一枚は、「オヒルギ」 珍しい花ですね。



マングロープを構成する主要な植物のひとつだそうですが、花の美術館の温室で

可愛い花が咲いていました。花は、赤いガクが目立って ”タコさんウインナー”

に見えることも・・・・・と説明書きがありました。




        
2018.2-14.jpg




「オヒルギ」 マングローブを構成する主要な樹種で、西表島など沖縄では

かなり雄大なマングローブがあるそうです。こんな樹が、マングローブを構成

しているとは知りませんでした。不思議な花が咲くんですね・・・・・。




          
2018.2-14-2.jpg






直ぐ側に、つやつやの綺麗な葉の植物が・・・・・。

フリーセア属、熱帯アメリカに230種も分布し 写真の「フェネストラリス」 は

葉を鑑賞する種類だそうです。模様が入った綺麗な葉ですね・・・・・。




       フリーセア フェネストラリス         パイナップル科

         
2018.2-14-3.jpg






こちらは、育てやすく花が美しい事から、人気 NO1の植物とか・・・・・。

ちょうど美しい花が咲いていました。

葉っぱや花穂が込み入っている事から付いた名前だそうです



       ストリクタ           パイナップル科      

         
2018.2-14-5.jpg






最後は、コーヒーの実・・・・・綺麗な実がいっぱい付いていました。

コーヒーの花が見たかったですが、花の命は短くて・・・花が見られるのは

2日間だけだそうです。



       コーヒー (珈琲)           アカネ科

        
2018.2-14-6.jpg





温室で見る花は、何処かユニークで見慣れない花が多いです。


2週間に一度は、花の美術館へ行っていますが、何時も違う花が咲いています。

温室のドームでは、運がいいと珍しい花に出会えるのが楽しみです。


特に、冬の花の少ない時期は嬉しいです。



今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 17:39| Comment(11) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

コエビソウ 花の美術館 温室の花

今日の一枚は、「コエビソウ(小海老草)」 可愛い小エビのような花ですね。


別名「ベロペロネ」とも呼ばれますが、ギリシャ語で「矢のとめ金」を意味し

花の周りの重なり合った部分の形から連想されたそうです。



        
2018.2-12.jpg




コエビソウの花は、白色の筒状の部分が花です。

苞がそれを包むように重なり合って花を守っています。



        
2018.2-12-2.jpg




名前の由来は、赤褐色や黄褐色の花のように重なり合った苞が

小エビに見えることから「コエビソウ(小海老草)」と付いたそうです。      



        
2018.2-12-4.jpg





この白い大きな口を開けた様な姿が「コエビソウ」の花になりますが、

ユニークな花ですね・・・・・。




         
2018.2-12-5.jpg





          
2018.2-12-6.jpg




コエビソウの花言葉  「ひょうきん」 「愛嬌」     キツネノマゴ科

       
 

三陽メディア・フラワーミュージアム(旧、花の美術館) の温室ドームでは

沢山の熱帯植物が珍しい花を咲かせています。


温室に咲く花は、色も姿も個性的なものが多いです。

寒い冬は、温かい温室の中で見る花も楽しいものです。


山野草の少ない今、温室に咲く花を描いて紹介していきますね。

 

今日も、お付き合い有り難うございました。

        




ブログ村に参加しております。よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
posted by アイアイ at 23:30| Comment(11) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

はがき絵日記 カンアヤメ 鮮やかに咲いて

今日の一枚は、「カンアヤ寒菖蒲)」鮮やかに咲いています。



        
2018.2-11a.jpg


                     


カンアヤメ、別名、カンザキアヤメとも呼ばれています。

初夏に咲くアヤメに比べると色が鮮やかで、個性があります。



       
2016.1-21-2.jpg




近くの公園で咲く「カンアヤメ」毎年楽しみにしています。



       
2016.1-21-3.jpg





       
2016.1-21-6.jpg




花の命は1〜2日ほどと短いですが、つぎつぎと新しい花を咲かせてくれますので

長く楽しむことが出来ます。



        
2016.1-21-4.jpg




カンアヤメの花言葉   「愛嬌」 「真心」      アヤメ科



閑散とした寒い公園の花壇で、鮮やかに咲くカンアヤメは、目を惹きますね。

今年は、ちょっと寒そうな表情していましたよ。





カンアヤメの近くで、「ジンチョウゲ」が、蕾をいっぱい付けて春を待っていましたよ。

一ヶ月もすれば咲き始めますね。楽しみですね。



       
2016.1-21-9.jpg




今日も、お付き合い有り難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 08:36| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

はがき絵日記 「サルスベリの実」 可愛いです。                                            2 2


はがき絵日記 「サルスベリの実」 可愛い実を付けていました。



実が割れて種を落としたカラの実がユニークな姿で残っています。



        
2018.2-6x.jpg





7月には、ピンク色の可愛い花を咲かせた「サルスベリ」も、10から11月には、

1cm程の実が膨らみ、12月になると種を飛ばしたカラの実が残って付いています。




        
2018.2-6-2.jpg





         
2018.2-6-3.jpg





昨年は、実をいっぱい付けていましたが、今年は、少なかったように思います。

昨年の実は、飾って楽しんでいます。





        
2018.2-6-4.jpg





秋には、ピンクの可愛い花が楽しませてくれましたね。白い花もありますよ。



         
2018.2-6-7s.jpg





昨年は、種を飛ばしたサルスベリの実や、アメリカフウの実に色を塗って

遊びましたが、可愛い花が咲いたようで玄関に飾っています。





        
2018.2-6-9.jpg




サルスベリの花言葉  「雄弁」 「愛嬌」    ミソハギ科   サルスベリ属

       花言葉は、沢山あるようですが、その中から二つの紹介です。




「百日紅」 とは、花が長く咲くことから付いたそうですが、サルスベリは、

幹がつるつるで猿も滑る事から「サルスベリ」と呼ばれているそうです。



今年も、可愛い実がほしいと何箇所かに行って見たのですが、実が少ししか

付いていませんでした。今年の厳しい寒さでは、実も早く落ちてしまうようです。


これからは、枯れ草の中から、雑草の小さな花が顔を出してくれるのが

楽しみですね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 10:32| Comment(7) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

はがき絵日記「コウバイ(紅梅)」


今日の一枚は、「コウバイ(紅梅)」 満開になりましたね。



毎年、この時期になると美しく咲く「コウバイ」をはがき絵日記として

絵を描いていますが、今年は、色紙に描き部屋に飾りたくなりました。



2018.2-4.jpg



私が、青葉の森の梅園に行ったときは、まだ、満開にはなっていませんでしたが、

蕾から開き始めた花が細い枝先で青空に映えていました。



        
2018.2-4-9a.jpg





         
2018.2-4-2.jpg






苔のびっしりついた老木の幹から蕾をつけ、その苔の中で咲くピンクの花一輪一輪が

とても愛らしく感じました。




        
2018.2-4-5.jpg





         
2018.2-4-6.jpg





        
2018.2-4-7.jpg





         
2018.2-4-3.jpg





少し早かった梅林は、白梅も固い蕾で淋しい梅林でしたが、そろそろ

白梅も満開に近い頃ですね。




        
2018.2-4-10bvb.jpg




コウバイの花言葉  「優美な人」     バラ科   サクラ属





今年の異常な気象条件では、春を迎える植物も大変ですね。

梅林の花も何時もより開花が遅いように思いました。

昨年の日記には、この時期には、かなり花が咲いていたようです。

雑草の中で咲く可愛い野草も、今年は花がなかなか見つかりません。



早く、春の花が見たいですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:01| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

はがき絵日記「ヒメリュウキンカ」美しいです。


今日の一枚は、「ヒメリュウキン(姫立金花)」 鮮やかに咲いていました。



        
2018.2-4a.jpg




晩秋から冬にかけて芽を出し、早春の暖かい日に花を咲かせるリュウキンカですが、

今年の異常な寒さの中で早くも鮮やかな花を咲かせていました。





         
2018.2-4-2.JPG





沢山の蕾が、開花を待っていました。そんな蕾から開花までの姿を撮ってみました。



        
2018.2-4-4.jpg





        
2018.2-4-5.jpg





        
2018.2-4-6.jpg





花の少ないこの時期に咲く「ヒメリュウキンカ」の鮮やかな花が美しいです。



2018.2-4-3.jpg




ヒメリュウキンカの花言葉  「会える喜び」        キンポウゲ科




尾瀬のミズバショウと共に咲く「リュウキンカ」の仲間で、イギリスから来た

西洋野草です。毎年、青葉の森で見るのを楽しみにしているのですが、今年は、

近くの住宅街の歩道に沿ったブロック塀の下で咲いていました。



思わぬところでの出会いは嬉しいですね。


今日も、お付き合い有難うございました








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:29| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

はがき絵日記 「スズカケの実」です。


今日の一枚は、「スズカケの実(鈴懸)」 プラタナスとも云いますね。



前回のアメリカフウより優しい感じがスズカケの実です。



         
2018.1-29.jpg





アメリカフウのように厳しい棘はありません。




         
2018.1-29-1.jpg





実を割ってみると、中は綿毛の固まりになっています。




         
2018.1-29-4a.jpg





やっぱり優しい雰囲気の実なんですね。綿毛には、種をいっぱいつけています。




         
2018.1-29-5.jpg





青葉の森には、既存木の大きなプラタナス(スズカケノキ)の樹が見事です。

見上げると、丸い実がまるで鈴がぶら下がっているようにいっぱい付いていました。




2018.1-29-10.jpg






        
2018.1-29-7.jpg






         
2018.1-29-9.jpg




スズカケの実の花言葉   「天才」        スズカケノキ科  




梅林を歩いていると「イヌノフグリ」が、落ち葉の下から一輪可愛い花を

咲かせていました。




        
2018.1-29-11.jpg

  




木の実を楽しみながら森の中を歩いていると、足元の枯れ草の中から

イヌノフグリやミチタネツケバナなどが、早くも一輪一輪花を咲かせ始めていましたよ。


春も、もうすぐ近いですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 20:02| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

はがき絵日記「アメリカフウの実」


今日の一枚は、「アメリカフウの」 別名「モミジバフウ」とも呼ばれています。



数日前に行った青葉の森では、今年も「アメリカフウ」の木には、トゲトゲの

ユニークな実がいっぱいぶら下がっていました。




        
2018.1-28.jpg





果実は球状、さく果の集合でトゲトゲが痛々しい感じですが、

ユニークな姿が何とも可愛く風情があります。




        
2018.1-28-1.jpg





         
2018.1-28-2.jpg





        
2018.1-28-3.jpg





木の下には、実がいっぱい落ちています。トゲトゲなので無意識のうちに

除けて歩いていました。




        
2018.1-28-4.jpg





春、3月から5月ごろには、丸い花を付けますが、穂状に上に付いている花が雄花で、

ぶら下がって咲く一個の花が雌花です。雄花と雌花が同株で別々に頭状花序を付けます。

葉は、人の手の平ほどの大きなモミジの形をした葉です。




         
2018.1-28-5.jpg





秋には、大きなモミジの葉っぱが鮮やかに紅葉します。



        
2018.1-28-6.jpg




アメリカフウの花言葉  「非凡な才能」「輝く心」    マンサク科  フウ属





アメリカフウは、毎年この時期にブログアップしていますので、お馴染みになっていますね。

アメリカフウの他にも、スズカケの実やサルスベリの実などもユニークです。


冬になると色々な木の実を拾ってきて色を塗って花瓶に飾ったりリースを

作ったりして楽しんでいます。



冬の時期、森の中を歩いていると面白い発見がいっぱいありますね。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:05| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

はがき絵日記 「ハナカンザシ」 可憐に

       今日の一枚は、ハナカンザ(花簪) 

                     別名 「冬の妖精 」とも呼ばれています。



         
2018.1-26.jpg




      今年も、ベランダのプランターの中で 「ハナカンザシ」 の愛らしい花が

      咲きはじめました。


      数年前、花屋さんの店先で目に止まり始めて買って植えました。

      あまりにも可愛い花だったので、今年もまた買ってきて植えました




         
2018.1-26-1.jpg





      細い花茎の先に蕾をいっぱい付け、2cm位の小さな愛らしい花を咲かせます

      可愛い姿の花がいっぱい・・・小さな花が本当に可愛いです。



        
2018.1-26-3.jpg





      花びらは、カサカサしています。

      花は、朝、開き夜には閉じて2ヶ月以上春まで咲き続けます。



         
2018.1-26-6.jpg




      名前の由来は、カサカサした感触の可愛い花を 「かんざし」 に見立てて

      「ハナカンザシ(花簪)」 と名が付いたそうです。

      本当にかんざしにしても可愛いかんざしになりますね。



        
2018.1-26-2.jpg





         
2018.1-26-5.jpg

 



      ハナカンザシの花言葉      「思いやり」 「温 順」

                               キク科    ローダンセ属




      別名 「冬の妖精」 とも云われているそうですが、寒い冬空の下で

      咲く姿が冬の妖精に見えたことから付けられたそうですよ。


      花が、カサカサしていますので、ドライフラワーにしても色あせ

      しないで永く楽しめますよ。



      私は、雑草の中で楚々と咲く野の花が好きで、園芸品種の花は

      あまり絵に描かないのですが、この「ハナカンザシ」は、あまりの

      可愛い表情に惹かれベランダで育てていますが、見るのが楽しみで

      癒されます。本当に可愛いです・・・・・。



      今日も、お付き合いありがとうございました。


                
        



ブログ村に参加しております。よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
posted by アイアイ at 11:29| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

はがき絵日記 「マユミ」の赤い実


今日の一枚は、「マユミ(真弓)」 秋から冬にかけて赤い可愛い実を付けています。



昨年、11月の上高地でも、マユミの赤い実がいっぱい生っていました。



        
2018.1-24dn.jpg




マユミは、山野に生える落葉低木ですが、紅葉も美しく赤い実は、

野鳥たちの大好物です。




         
2018.1-22-2.jpg




初夏には、1cm 程の小さな黄緑色の十字型をした花を咲かせる「マユミ」ですが、

秋、10月から12月には赤い実をいっぱい付けています。




         
2018.1-22-3.jpg





上高地で翌日の朝、一面に霧氷が付き真っ白の景色に一変していましたが、

マユミの実も、霜に覆われ寒々しい姿に・・・・・。





         
2018.1-22-5a.jpg




名前の由来は、昔この木で弓を作った事から「マユミ(真弓)」と付いたそうですが

樹質は、硬いが柔軟性があるそうです。




          
2018.1-22-4.jpg





         
2018.1-22-6a.jpg




マユミの花言葉  「あなたの気持ちを心に刻む」      ニシキギ科





マユミの赤い実は、小さく可愛い美味しそうな実で小鳥の食料にはなりますが

人間にとっては、毒性のある成分が含まれていますので少量でも吐き気や

下痢を起こすそうですよ。


美味しそうですが、気をつけましょうね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:31| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

はがき絵日記 「ロウバイ」です。


今日の一枚は、「ロウバイ(蝋梅)」 いい香りを漂せながら美しく咲いています。



     今年も、春が近い事を告げるように蝋細工のような透明感のある花

     「ロウバイ」が美しく咲いていますね。




        
2018.1-19m.jpg





      蝋細工のような質感が名前の由来になっているそうですが、

      美しい姿が見る人の心を惹きつけますね・・・・・。




          
2018.1-19-2.jpg





         
2018.1-19-3.jpg





         
2018.1-19-5a.jpg





      こちらのロウバイは、「マンゲツロウバイ(満月蝋梅)」花の中心に褐色の輪が

      入っているように見えることからの名前の由来だそうです。




          
2018.1-19-6.jpg





         
2018.1-19-7.jpg



      ロウバイの花言葉   「優しい心」 「慈愛」     ロウバイ科




      近くの梅園では、白梅が少しづつ花を咲かせ始めていました。



         
2018.1-19-8.jpg





これからは、紅梅、白梅、早咲きの「カワズザクラ」などが咲き賑やかになり

嬉しいですね。


春の桜満開もいいですが、私は、今の時期の静かな花の雰囲気も大好きです。

でも、「春よこい  早くこい」 は、口ずさみたくなりますね。



今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 21:47| Comment(7) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

はがき絵日記「ツタバウンラン」です。


今日の一枚は、「ツタバウンラン(蔦葉海蘭)」 可愛い個性的な花です。



数年前、近くの駐車場の片隅で小さな花を咲かせているのに出会ってから

毎年楽しみにしているのですが、今年も、小さな花をいっぱい咲かせていました。




        
2018.1-16.jpg





ツタバウンランは、一見「トキワハゼ」や「ムラサキサギゴケ」によく似ていますが

もともと園芸品種として輸入されたものが野生化し、道端や石垣などで蔓を伸ばし

花を咲かせるようになったそうです。

花は、7mmほどの小さな花ですが、可愛い表情していますね。




         
2018.1-16-1.jpg





いつもは、早春に花が咲き始めますが、今年の厳しい寒さのなかで早々と

咲いていました。





         
2018.1-16-2.jpg





         
2018.1-16-3.jpg





赤い茎の蔓が一面に地を這って花を咲かせます。




         
2018.1-16-6.jpg





ツタバウンランの花言葉  「遠い夢」      ゴマノハグサ科




ツタバウンランは、草むらではなく硬い石垣やコンクリートの割れ目から

蔓を伸ばしていることが多いですが、もう少し居心地のいいところがあるはずなのに

植物にも好みの場所があるんですね・・・・・。面白いですね。




今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:01| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

はがき絵日記 「タイワンツバキ」です。


今日の一枚は、「タイワンツバキ(台湾椿)」 真っ白の椿です


初めての花でしたが、花は椿に似ていますがちょっと雰囲気が違いますし

葉は、お茶の葉に似てるし・・・・・写真を撮って帰り調べて見ると

「タイワンツバキ(台湾椿)」と解りました。




        
IMG_5285x.jpg






花は、10cmほどの真っ白な花を咲かせています。

台湾、中国南部からインドシナ半島に分布し、10月から2月頃に花を咲かせるそうです。





        
2018.1-13-2.jpg





        
IMG_0617.jpg






        
2018.1-13-4.jpg





        
IMG_0608a.jpg







常緑樹で濃い色の葉に、白い花がいっぱい咲いてとっても美しいです。

花は、普通のツバキと同様に花のもとからポトリ・・・と落ちていました。





        
IMG_0615.jpg






タイワンツバキの花言葉  「理想の愛」    ツバキ科  タイワンツバキ属





ツバキ科となっていますが、普通のツバキはツナキ属ですが、この「タイワンツバキ」は、

「タイワンツバキ属」 ですので別物のようですね・・・・・。


見ていても、普通のツバキとは雰囲気が違いますので目を惹きますよ・・・・・




今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 21:01| Comment(5) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

はがき絵日記 「ヤマアジサイ」冬の姿


今日の一枚は、「ヤマアジサイ(山紫陽花)」 冬の姿です。



前回に続き高尾山の冬枯れの姿は、「ヤマアジサイ」 セピア色の素朴な雰囲気が

本当に素敵です。


                                     (2016.1.  描)

        
2018.1-10.jpg





季節の移ろいを感じさせてくれる「ヤマアジサイ」の風情ある冬の姿は、

6号路の沢沿いに多く見られます。





         
2018.1-10-1.jpg





         
2018.1-10-2.jpg





        
2018.1-10-4a.jpg




6月頃から涼しげな花を咲かせていますが、ヤマアジサイは種類も多く

花の色も、白、ブルー、ピンク色など、場所によって違うヤマアジサイの

花が見られます。




         
2018.1-10-10a.jpg


        

ヤマアジサイの花言葉   「乙女の愛」 「切実な愛」    ユキノシタ科





川沿いの反対側の斜面には、「ヤブマメ」、「ヤマノイモ」なども素敵な

冬の姿を見せてくれました。




        「ヤブマメ(藪豆)」

         
2018.1-10-5.jpg



        「ヤマノイモ」

         
2018.1-10-6a.jpg







私にとっては冬の登山道での楽しみですが、四季を通じて自然の変化の

美しさには感動も多く、同じ変化は2度とありません。

同じところを何度登っても、違う変化を楽しめます。



これも私の素朴な楽しみの一つです・・・・・。



今日も、お付き合いありがとうございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:45| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム