2017年03月25日

マティスとルオー展 見て来ました。

手紙が明かす二人の秘密 マティスとルオー展 



パナソニック 汐留ミュージアム で開催されている

       マティス と ルオー展  素晴らしい絵を観て来ました。



        
2017.3-25.jpg




マテイスとルオーは、大親友であり美術学校で共に学んだ二人ですが、

マティスの穏やかな印象の絵に比べ、対象的な強い印象のルオーの絵は

厚塗りのどこかユーモアを感じる油彩画に引き込まれる思いでした。



        ルオー      「古い町外れ

        
2017.3-25-1.jpg




        マティス      「読書する女性」span>

        
2017.3-25-2.jpg





         
2017.3-25-3.jpg





会場の一部に、記念写真のためのコーナーが用意されていました。

感動の後には記念写真を一枚・・・パチリ・・・・・。



         
2017.3-25-4.jpg





今回のミュージアムは、新橋駅から5分ほどのところにある

汐留パナソニックビルの4階にあります。



         
2017.3-25-5.jpg






今回の展覧会には、この偉大な二人のフランス人画家が取り交わした膨大な

手紙の一部も展示され、また、ルオーの版画集の油彩原画なども展示された

感動いっぱいのすばらしい展覧会でした。


美術館で絵を観てると気持ちがホッとします。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:41| Comment(6) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

郷さくら美術館 林 潤一の世界 

郷さくら美術館 林 潤一の世界 ー樹花草々ー 観てきました。



花木画の名手と称される「林 潤一の世界」 ー樹花草々ー 日本の美しい樹花の四季を

繊細な色彩と優しさで描かれた日本画の素晴らしい展覧会でした。 
 


        
2017.2-3-1a.jpg




春の桜への想いから、夏は緑の林、花いっぱいの秋から冬の白林と四季の樹花への

想いが伝わってくる素晴らしい絵に感動も大きく優しさに癒されました。



        
2017.2-3-3.jpg





         
2017.2-3-4.jpg





2017.2-3-6.jpg





        
2017.2-3-5.jpg






        
2017.2-3-2.jpg





        
2017.2-3-7.jpg






さくらの名所で知られる目黒川のほとりに建つ「郷さくら美術館」 は、

桜を描いた作品の常設室があり、「いつでも桜が見られるように」と

2012年に開館した美術館ですが、現代日本画が見られる素敵な美術館です。

春、夏、秋、冬、に合わせた特別展が開催されています。


最近は、日本画の素晴らしさに魅かれ何度か訪れています。


お近くの方は、いらしてみては如何ですか・・・・・。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 14:01| Comment(14) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

森の山稜・丹沢の四季  宮本宏明 写真展

森の山稜・丹沢の四季  宮本宏明 写真展



        
2016.12-14.jpg




新宿にある、オリンパスギャラりー東京で、全日本山岳写真協会理事長であり


プロとしてもご活躍の宮本宏明さんの写真展を観てきました。


丹沢の四季を、素晴らしい感性とセンスで撮られた写真に心が温かく癒されました。


写真への感動が大きく、夢中で観ていましたが、

         タイトルを控えてこなかったため、素晴らしい写真のみ見て下さいね。



        
2016.12-14-1.jpg





        
2016.12-14-2.jpg





        
2016.12-14-3.jpg





        
2016.12-14-4.jpg





        
2016.12-14-5.jpg





        
2016.12-14-6.jpg





以前、協会の会員としてご活躍された先輩と久しぶりの再会で

            宮本さんを中心に記念写真を・・・パチリ・・・。



        
2016.12-14-7.jpg




丹沢には何度か登っていますが、丹沢は地味な山の雰囲気でした。

宮本さんのセンスと感性により、丹沢が素晴らしい山であることを改めて

知らされたような気がします。本当に、素晴らしい写真展でした。

宮本さん、感動をありがとうございました。


写真展は今日で終わりましたが、もう少し早くブログでご案内できればよかったと

遅くなってしまった事を後悔しています。




写真展での感動を後に、昨日は、全日本写真協会の今年最後の12月例会がありました。

最後の例会は、モノクロ写真による月例コンテスト、今回も力作が多く出品されました。

ギャラリートークでは、現役の大学生で昨年入会された荒木さんによる

                「私の一枚」と題してのトークがありました。

大学では、写真を勉強しているそうで、流石に素晴らしい写真を見せていただきました。

会の中で一番若い荒木さんから元気を頂きました。



        
2016.12-14-8.jpg






例会後は、今年の締めくくりの忘年会、1時間ほど参加して失礼させていただきました。

昨日は、いろいろと忙しく楽しい一日を過ごす事が出来ました。


今日も、お付き合いありがとうございました。        








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 19:01| Comment(4) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

郷(さと)さくら美術館 東京

中目黒にある 「 郷(さと)さくら美術館 東京 」 で

素晴らしい絵を見てきました。




郷さくら美術館は、現代日本画専門の美術館です。

昭和生まれの日本画家を中心に、多くの作家、画題の50号以上の大作の

コレクションを展示しています




        
2016.12-3a.jpg




季節に応じての特別展示があり、

今回は、日本画で表現された山々の景 「遥かなる名峰の表情」 展、見てきました。

山頂から裾野まで広がる雄大な山の姿が、

日本画によって厳しい中にも優しさが伝わってくる作品に大きな感動を覚えました。




        
2016.12-3-1.jpg





         
2016.12-3-3.jpg





         
2016.12-3-5.jpg





        
2016.12-3-8.jpg




遥かなる名峰以外にも、さくらのコレクション 「さくら百景」 が見られます。

こちらでは、作者により違ったいろいろな「さくら」の表情に感動も大きく癒されました。



「遥かなる名峰の表情」展は、12月4日で終わりますが、

12月17日から、「林 潤一の世界 − 樹花草々ー」展が始まります。

草花の好きな私としては、楽しみで待ち遠しいです。




郷さくら美術館は、中目黒のさくらの名所、目黒川のほとりにあります。

お近くの方は、是非、いらしてみてはいかがですか・・・・・。





パソコンに向かっていると、ベランダに鳥が飛んできて植木の葉を啄ばんでいます。

近づくと飛んでしまうので、部屋の中からガラス越しにパチリ・・・・・。

何のとりかな?・・・20cm位でちょっと大きいです・・・・・。



        
2016.12-3-7.jpg




今日も、お付き合いありがとうございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 13:01| Comment(10) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

大野 崇 写真展 

大野 崇 写真展  素晴らしいモノクロ写真展でした。



全日本山岳写真協会の副理事長でもあり、プロの山岳写真家としてもご活躍の

大野 崇さんがモンブラン山群で撮影された「モノクロームの世界写真展」見てきました。


会場で写真の前に立った瞬間、あまりの立体感と鮮明な表現に写真を見ているというよりも

モンブランのその場に自分が立っているような錯覚に引き込まれる思いでした。


スケールの大きな、感動の大きな写真展でした。  

     


        
2016.11-22.jpg





        
2016.11-22-1.jpg




素晴らしい写真集も出版されました。

写真集の中から数枚の写真を紹介します。(写真集からのコピーです。)



        
2016.11-22-2ab.jpg





        
2016.11-22-3.jpg





        
2016.11-22-9a.jpg





        
2016.11-22-6a.jpg





        
2016.11-22-11.jpg





        
2016.11-22-9.jpg





        
2016.11-22-10.jpg





「大野さん、これは写真ではなくて現実の世界にいるような錯角に襲われますね。凄すぎます。」

と大野さんに云ってしまったのですが、そのくらいに感動の大きな作品にしばらくは感動が

消えませんでした。


時間があったらもう一度見せていただきたいと思ったのですが今日が最終日です。


残念、出かけられませんので、写真集で楽しませていただきます。

大野さん、素晴らしい感動をありがとうございました。



今日も、お付き合いありがとうございました。


       





ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 13:30| Comment(8) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

豊嶋 正誼  日本画展

豊嶋 正誼  日本画展 素晴らしい日本画を見せていただきました。



知人で日本画家としてご活躍の豊嶋 正誼(とよしま まさはる)さんから

個展のはがきが届きました。銀座 「ギャラリー青羅」 へ出かけてきました



        
2016.11-15.jpg





「三春瀧桜」は、前回見せていただいたときは、50号の絵だったのですが

200号での注文を頂き、約6ヶ月かけて描き上げられたそうです。


あまりの高貴な絵に頭が下がる思いでした。



       三春瀧桜      F200号  土佐麻紙  岩絵具 金箔 プラチナ箔
       
       
2016.11-15-19a.jpg






        
2016.11-15-1a.jpg





次に目に飛び込んできたのは、私の大好きな八方池に移り込む白馬三山でした。

今まで想像もしたことのないブルーにまとめられた八方池の表情です。

吸い込まれていくような大きな大きな感動でした。


今度、八方池に行ったときにはこの絵に置き換えて眺めたいと思います。


       白馬三山          1167×910mm

         
2016.11-15-2ab.jpg





        
2016.11-15-3.jpg




今回は、海外の風景を多く展示されていましたが、日本画に描かれた外国の風景は

とても優しく暖かい雰囲気で、日本画の表現の素晴らしさを改めて感じました。




        
2016.11-15-4.jpg




        
2016.11-15-5.jpg





感動の後、外に出るともう夕暮れも近く、銀座の町も寒い北風が吹いていました。



        
2016.11-15-8.jpg




                 
秋になると、絵画展写真展など個展、展覧会と出かける事が多くなり

忙しくなります。


私自身のはがき絵を描く時間が取れませんが、今は、少しでも多く鑑賞して

勉強させていただきたいと思います。


今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 17:00| Comment(8) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ゴッホとゴーギャン展 東京都美術館

ゴッホとゴーギャン展 東京都美術館



穏やかな秋の一日、上野公園にある東京都美術館で開催されている「ゴッホとゴーギャン展」

を観てきました。ゴッホとゴーギャンの親友であっても対照的な描写と表現、

性格も生い立ちも異なる二人の画家の素晴らしい絵に大きな感動を得ました。



        
2016.11-6.jpg






ゴッホの作品は、力強い描写と明るい色彩の多い中、この作品は今までに感じた事のない

始めて観る優しい絵が印象に残りました。

ゴッホは、日本の浮世絵の鮮やかな色彩と光の美しさに魅了されていたそうです。


       グラスに生けた花咲くアーモンドの小枝」    ファン・ゴッホ

         
2016.11-6-1.jpg





こちらの作品も、今までとは違う色彩豊かなオリーブ園が描かれ印象に残りました。


       オリーブ園」         ファン・ゴッホ

         
2016.11-6-2.jpg





ゴーギャンは、ひまわりのことを「ゴッホ」と呼んでいたそうですが、ゴッホから頂いた

椅子にひまわりを置き、ゴッホへの追悼として描かれた作品だそうです。

ゴッホのひまわりとは、まるで印象が違います。


       肘掛椅子のひまわり」     ポール・ゴーギャン

        
2016.11-6-3.jpg





この展覧会では、ゴッホやゴーギャンに影響を与えた、ミレー、モネ、ピサロ、シスレー

などの油彩画も数十点展示されています。





素晴らしい絵に感動、外に出ると日が傾きかけた上野公園が素敵な情景でした。



        
2016.11-6-5.jpg





         
2016.11-6-6.jpg





         
2016.11-6-7.jpg





この後、夜になると「あかりパーク 2016」が、上野恩賜公園の噴水を中心に行われ

素晴らしい光のオブジェなど楽しんできました。


その様子は、次のブログでご紹介しますね。


今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:00| Comment(13) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

どんぐりに描いた絵の表情

今日は、久しぶりに行った「三陽メディアフラワーミュージアム」(旧 千葉市花の美術館)で

いろいろなどんぐりに絵を描いたとても珍しい展示会を見てきました。



        
2016.9-1.jpg





         
2016.9-1-1.jpg




丸いどんぐり、細長いどんぐりといろいろなどんぐりの特徴をうまく使って描かれた絵が

なんともユーモラスで可愛い置物になっています。




         
2016.9-1-2.jpg





        
2016.9-1-3.jpg





         
2016.9-1-4.jpg





        
2016.9-1-4a.jpg




どんぐりに、油性ぺんで描いているそうですが、初めて観るどんぐりの一つ一つの

表情に見とれました。老後を趣味で楽しんで描いていらっしゃるとか・・・。

すばらしいですね。私も、今度描いてみたくなりました。




楽しいどんぐりを観て外に出ると、美術館前の海浜公園の池にちょうどシラサギが

飛んできました。その後、アオサギも飛んできたのですが岩の陰に隠れてしまいました。

初めて知ったことですが、シラサギは、水の中を歩くんですね



         
2016.9-1-5.jpg




水の中を歩いた後が、線になって残っていましたよ。



        
2016.9-1-6.jpg





        
2016.9-1-8.jpg




そして2分ほど歩くと浜辺に出ます。

陽もかたむきかけ、すばらしい浜辺の夕景でした。砂浜は、満潮の時刻でした。



        
2016.9-1-14.jpg





         
2016.9-1-9.jpg





いつもなら、この後夕日が沈むまでの様子を写真に撮るのですが、この日は、

用事があってちょっと残念な気持ちで帰ってきました。


これから秋になると、澄み切った空気の海浜がすばらしい光景を見せてくれます。              

ウオーキングを兼ねての楽しみです。

次回は、美術館の花の様子を載せますね。


今日も、お付き合いありがとうございます。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:01| Comment(9) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

「アルプス星夜」 菊池哲男 写真展


    アルプス星夜」  菊池哲男 写真展 


       写真集 表紙の写真です。

        
2016.8-24.jpg




六本木にある富士フォトサロンで開催されている「アルプス星夜」 菊池哲男 写真展

見てきました。


プロの山岳写真家としてご活躍の菊池さんの写真、会場に入ったとたん「ドキッ」とする

作品の数々、山岳夜景のすばらしい作品、また、明け行く情景、夕刻の情景等すばらしい

作品に大きな感動を得ながら見せていただきました。




         
2016.8-24-1.jpg




長い登山を楽しんできたにもかかわらず、山小屋に泊まっても夜外に出ることは

ほとんどありませんでした。

山上の夜景がこんなにすばらしいとは・・・・・。




         
2016.8-24-2.jpg





         
2016.8-24-3.jpg





         
2016.8-24-11.jpg





         
2016.8-24-4.jpg





これからは、山小屋に泊まったときには、夜景を楽しみたいと思いました。




すばらしい写真を見せていただいた後、菊池さんと一緒に記念写真をとらせていただき

また、山の話、写真の話をいろいろ聞かせていただき本当に楽しい感動のひとときでした。



東京の写真展は、明日の25日で終わりますが、その後、大阪、札幌、名古屋、仙台など

富士フイルムフォトサロンで開催予定です。



今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:32| Comment(10) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

雲のsymphony 利尻山・弧峰の詩

林 久夫 写真展   雲のsymphny - 利尻山・弧峰の詩 −


        
2016.8-4-1.jpg





         
2016.8-4-2.jpg





今日は、新宿センタービルの「リコーイメージングスクエア新宿」で開催されている

山岳写真家 林 久夫さんの写真展を見てきました。


林 久夫さんは、全日本山岳写真協会の会員でもあり、また、現在は北海道の利尻島に住み

プロの山岳写真家として活躍、利尻の写真を数多く発表されています。


今回の写真展のタイトル 「雲のsymphony」 ・・・展示されている一枚一枚の写真からは

雲のメロディーが流れてくるような、また、孤島利尻の厳しさが伝わってくる素晴らしい写真に

大きな感動を得ました。




         
2016.8-4-3.jpg





         
2016.8-4-4.jpg





         
2016.8-4-5.jpg





         
2016.8-4-6.jpg





         
2016.8-4-7.jpg





厳しい利尻島の四季の姿、表情を感じることが出来る写真展、是非、いらしてみては

如何ですか。大きな感動の写真展です。


新宿センタービル、「リコーイメージングスクエア新宿8月8日まで開催されています。

定休日・ 火曜日  (土、日は、センタービル休館日のため休業) 最終日16:00 まで   



今日も、お付き合い有り難うございました。

      





ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:02| Comment(9) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

杉山 修 山の版画展 

杉山 修 山の版画展 が麻布のアメリカンクラブ地下1階の

フレデリック ハリス ギャラリー」にて始まりました。


        
2016.5-31.jpg




昨日は、杉山 修さんの版画展のオープニング レセプションに招待していただき

参加させていただきました。


全日本山岳写真協会の会員でもあり、プロの版画家としてもご活躍されている

杉山さんですが、68点という数多い作品からは山と自然を愛する杉山さんの

心が伝わってくる素晴らしい感動の大きな版画展でした。



        
2016.5-31-1.jpg





        
2016.5-31-2.jpg





        
2016.5-31-3.jpg





        
2016.5-31-4.jpg





        
2016.5-31-5.jpg




68作品すべて木版画ですが、何色もの色をのせて出来上がる作品の素晴らしさに

驚きと感動がいっぱいでした。

ヨーロッパ アルプス、日本アルプスの版画を楽しみにいらしては如何ですか・・・・・。


6月19日まで・・・・・午前11時〜午後9時まで開催されています。





レセプションも終わり、外に出るとオレンジ色にライトアップされた東京タワーが

美しい姿で夜空を明るく照らしていました。



        
2016.5-31-8.jpg





今日も、お付き合い有り難うございました。   







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:21| Comment(5) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

カラヴァッジョ展と4月度例会

昨日は、全日本山岳写真協会の4月度例会があり、その前に国立西洋美術館で

開催されている 「カラヴァッジョ展」 を観てきました。



         
2016.4-13a.jpg





         
2016.4-13-1.jpg




カラヴァッチョは、バロック絵画の創始者の一人であり、イタリアが誇る大画家ですが、

従来の激しい気性からついには殺人を犯し、逃亡しながら作品を描きつづけ波乱万丈の

生涯を送った画家です。

また、強烈な光と影の表現は、ルーベンスやレンブラントなど、よく知る画家に

大きな影響を与えました。



法悦のマグダラのマリア」 400年以上所在不明で、2014年に発見され世界初公開。

        
2016.4-13-2a.jpg




透明感のある温かい光の表現は、作品によって違う光で描写され、

絵の中に引きこまれそうな大きな感動が伝わってきました。



         
2016.4-13-3a.jpg


         


今、NHKのニュースで流れましたが、カラヴァッチョの絵が屋根裏から

見つかったそうです。偶然ですね・・・約150億円とか・・・・・。

絵も、TVで流れましたが素晴らしい光のある絵でしたよ。




感動の後は、常設の「松方コレクション」へ・・・若き日の思い出多き職場でした。

こちらは「20世紀フランス美術」が主の常設展示です。


ルノワール、モネ、セザンヌ、クールベなどなど印象派の絵が展示されています。

常設会場では、写真撮影が出来ますよ。


         
2016.4-13-4.jpg





         
2016.4-13-5.jpg





         
2016.4-13-6.jpg





         
2016.4-13-8.jpg





         
2016.4-13-9.jpg





         
2016.4-13-10.jpg




真庭には、お馴染みのロダンの彫刻が・・・・・・。

この前庭には、自由に入れますので彫刻を見て楽しみ事ができますよ。


         
2016.4-13-11.jpg





         
2016.4-13-12.jpg






大好きな絵を楽しんだ後は、池袋での例会に主席しました。

今回は、モノクロ写真でしたがプリントの仕上げも素晴らしい作品が多く

選考には悩みましたが、いい勉強をさせて頂きました。


また、副理事長のギャラリートーク・・・作品作りを楽しく・・・「高尾の森から」

いいお話を聞かせていただき勉強させていただきました。



手(パー)         
2016.4-13-14.jpg





楽しい充実した一日でしたが・・・疲れました・・・・・。

明日は、また小豆島の続きを紹介しますね。


今日も、お付き合いいただき有り難うございました。





ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:31| Comment(12) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

あゆみ会 第14回写真展 

フレーブマン・ギンザサロン

あゆみ会 第14回写真展 観てきました。


        
2016.3-28.jpg




「あゆみ会写真展」と共に、「巽次郎 写真展 東北」  

どちらも素晴らしい写真に、昔登った懐かしい山の写真が多く

楽しく見せて頂きました。

皆さんとの久しぶりのおしゃべりも楽しく弾みました。



        
2016.3-28-1.jpg




31日(木)まで開催されています。銀座へお出かけの方は、

是非、いらしてみては如何ですか・・・・・。



        
2016.3-28-2.jpg






久しぶりの銀座ですが、西銀座に珍しいビルが・・・これは、阪急何とかだったかな?

TOKYU・PURAZA・GINZA・新しいビルに生まれ変わっていました。



        
2016.3-28-3.jpg




久しぶりの銀ぶらでもと4丁目まで行って見ると、日曜日とあってもの凄い人出です。



        
2016.3-28-13.jpg




もともと人混みは苦手な私、歩行者天国になった銀座のど真ん中を10分ほど歩き

さっさと退散・・・・・。



        
2016.3-28-5.jpg




銀座の真ん中にいても、自然の風景が気になる私です・・・・・。

銀座の柳も、少しづつ小さな緑の葉を出して風に揺れていましたよ。



        
2016.3-28-6.jpg





        
2016.3-28-7.jpg




山や自然の中を歩くのは何時間歩いても平気な私ですが、やっぱり都会の

人混みは落ち着きません。


皆さんとっても楽しそうに歩行者天国を歩いていましたよ・・・・・。



今日も、お付き合い有り難うございました。
               






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:02| Comment(8) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

レオナルド・ダ・ヴィンチ展 と 全日本山岳写真協会3月例会

レオナルド・ダ・ヴィンチ展  江戸東京博物館


昨日は、全日本山岳写真協会3月の例会がありました。

池袋での例会出席の前に、両国にある 「江戸東京博物館」 で開催されている

レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 を観てきました。



        
2016.3-17.jpg




レオナルドは生涯を通じ、研究や思想を描写や手稿として残し、研究成果を

絵画に残そうとしました。そのような自然観察を通じての油彩画、また、手稿が

展示され、今までにない感動の大きな展覧会でした。



        子供の研究         レオナルド・ダ・ヴィンチ
        
2016.3-17-1.jpg




15点にも満たないダ・ヴィンチの中の1点、日本初公開「糸巻きの聖母」です。

小さな作品ですが、画面から伝わってくるあたたかさに感動しました。


        糸巻きの聖母       レオナルド・ダ・ヴィンチ
        
2016.3-17-2.jpg





        
2016.3-17-3.jpg





        
2016.3-17-4.jpg





素晴らしい展覧会の後、池袋区民センターでの例会に出席しました。


今回の出品作品は、51点と何時もより少くない数でしたが、素晴らしい作品が

多く、選出に皆さん苦労されていました。



        
2016.3-17-5.jpg




今回のギャラリートークは 「星景撮影のテクニック」 と題して、副理事長の大野さんに

よるスライドでの講座がありました。夜の写真はあまり撮ったことがありませんが、

とても良い勉強をさせて頂きました。今度、ゆっくり星空の写真を撮ってみたいです。



        
2016.3-17-6.jpg





        
今日は、ダヴィンチの絵に感動、夜は、素晴らしい写真を沢山見せて頂き

2本立ての楽しい一日でした。が、夜帰宅したのが12時近く疲れました。


今日は、久しぶりに寝坊して目が覚めると快晴・・・飛び起きました・・・・・。



今日も、お付き合い有り難うございました。




       

ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:03| Comment(11) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

フェルメールとレンブラント展 観てきました。

フェルメールとレンブラント展

17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」観てきました。


先日、渋谷での版画展を観た後、六本木の六本木ヒルズ森タワー52階にある

森アーツセンターギャラリーで開催されている「フェルメールとレンブラント」展

を観てきました。

17世紀オランダ黄金時代の画家による繊細な素晴らしい絵に感動しました。


      フェルメール    「水差しを持つ女」
        
2016.3-12.jpg



      レンブラント    「ベローナ」
        
2016.3-12-1.jpg




ニューヨークメトロポリタン美術館、アムステルダム国立美術館

ロンドン・ナショナル・ギャラリーなどから集められた60点の絵画、

フェルメール、レンブラント共に一点づつしか観られなかったことは少し残念でしたが

「17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」という意味では、感動の大きな展覧会でした。



        
2016.3-12-2.jpg





54階建ての六本木ヒルズ森タワーの回りは、意外と人も少なくとても静かでした。



        
2016.3-12-3.jpg





        
2016.3-12-4.jpg




52階にある「森アーツセンターギャラリー」ですが、エレベーターで一気に

52階まで、途中で耳が痛くなりましたよ。



        
2016.3-12-5.jpg




52階からの眺めです。凄いですね・・・まるで人の入る隙もない・・・怖いですね。



        
2016.3-12-6.jpg




地震がきたらどうなってしまうのかな・・・本気で怖くなりました・・・・・。


        
2016.3-12-7.jpg




フェルメールとレンブラント展、かなりの混雑を覚悟して出かけたのですが、

意外と混雑もなくゆっくり観ることができました。

        
これから春には見たい展覧会がいろいろ始まりますので楽しみです。


今日も、お付き合い有り難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 23:29| Comment(8) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム