2017年07月29日

八方尾根スケッチ 他八方尾根の花 

今日の一枚は、「八方尾根のスケッチ」 と八方の花(4)です。



八方池からの下山の途中、登山道でのんびり白馬三山を眺めながらスケッチしました。



        
2017.7-29.jpg





池付近の湿地でワレモコウの葉のしずくから、山上の涼しさを感じます。

ワレモコウは、8から9月に花を咲かせます。



         
2017.7-29-1.jpg





ユキワリソウは、雪解けと共に花が咲き始めますが、八方池の周りでは6月には

可愛い花を一面に咲かせますが、少し花が残って咲いていました。


        ユキワリソウ(雪割草)         サクラソウ科        

         
2017.7-29-2.jpg





可愛いマイズルソウ・・・茎の上部に広がった2枚の葉を鶴の舞う姿に例えて

付いた名前だそうです。


        マイズルソウ(舞鶴草)          ユリ科

          
2017.7-29-3.jpg





ウラジロヨウラクは、可愛らしい狭鐘型の花をいっぱい付けています。


        ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)          ツツジ科

         
2017.7-29-4.jpg





アカモノは、花の色は白からやや紅味をおびるものまで変化があります。



        アカモノ(赤物)              ツツジ科

         
2017.7-29-5.jpg





八方池でのんびり花を楽しみ下山の途中で振り返ると厳しい「不帰(かえらず)」が

見送ってくれていました。



         
2017.7-29-6.jpg





         
2017.7-29-7.jpg





岩陰で咲く鮮やかな「シナノオトギリ」が、元気をくれました。


       シナノオトギリ(信濃弟切)         オトギリソウ科

         
2017.7-29-8.jpg





花いっぱいの尾根からは、五竜岳と鹿島槍ヶ岳が・・・・・縦走したときのことを

思い出します。今は、もう眺めるだけです。



         
2017.7-29-10.jpg





エゾシオガマが青空に向かって静かに咲いています。


        エゾシオガマ(蝦夷塩窯)         ゴマノハグサ科

        
IMG_6279a.jpg





         
2017.7-29-13.jpg





リフトからの白馬村の景色を楽しみながら、下山、バスターミナルの近くで

温泉で汗を流し高速バスで新宿まで。


お天気に恵まれた楽しい登山になりました。

以前のように高い山には登れなくなりましたが、これからも、楽しめる範囲の

登山を楽しみたいと思います。


まだまだ、紹介したい花がいっぱいあったのですが、この後は、絵で紹介していきますね。



八方尾根のお付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:27| Comment(15) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

はがき絵日記 「ハッポウタカネセンブリ」八方の花(3)

今日の一枚は、「ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)」 八方の花(3)です。



ハッポウタカネセンブリは、八方尾根と五竜遠見尾根の蛇紋岩に生育する固有種で

花には、濃青色の斑点があり可愛い花ですが目立ちにくいです。




         
2017.7-27.jpg




        ハッポウタカネセンブリ           リンドウ科

        
2017.7-27-1a.jpg





ハクサンチドリは、登山道斜面の茂みの中で一本だけ花を付けていました。

今年は、ハクサンチドリの花は少ないように思いました。


        ハクサンチドリ(白山千鳥)         ラン科

         
2017.7-27-2.jpg





とっても清楚な雰囲気のハッポウウスユキソウですが、ミネウスユキソウの変種で

八方尾根特産種の花です。


        ハッポウウスユキソウ(八方薄雪草)      キク科

        
2017.7-27-3a.jpg



        

         
2017.7-27-3.jpg





標高2060mにある八方池は、6月中旬までは氷に覆われていた湖面ですが、

夏には、白馬岳や不帰が映り込む美しい情景を見せてくれます。



         
2017.7-27-5.jpg





八方池の周りにはいろいろな花が咲いています。

ミヤマアズマギクは、地味な高山植物が多い中で目を引きます。


        ミヤマアズマギク(深山東菊)          キク科

         
2017.7-27-4.jpg




おなじみの「チングルマ」も、池のほとりの湿地帯で群生しています。


        チングルマ(稚児車)           バラ科

         
2017.7-27-6.jpg





爽やかに咲いているのは、「ハルリンドウ」ですね。


        ハルリンドウ(春竜胆)          リンドウ科

         
2017.7-27-7.jpg





イブキジャコウソウも池のほとりで這うように咲いています。

不思議な蝶が・・・・・はじめて見る蝶ですが、高山蝶でしょうね・・・・・。


        イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)        シソ科

         
2017.7-27-9.jpg





おなじみの「イワカガミ」も池のほとりで沢山咲いていました。


        イワカガミ(岩鏡)             イワウメ科

        
2017.7-27-16.jpg





花を楽しんでいるうちに、雲が湧き出し八方池を素敵な情景に演出してくれました。

山の様子は、一瞬にして変わりますが、それがまた、楽しい瞬間でもあります。




        
2017.7-27-15.jpg







美しく変化する八方池のほとりで一時間近く休憩し、朝食に小屋で頂いた

お弁当を食べました。

なんとも幸せなひと時です。やっぱり山は辞められそうにありません・・・・・。


今日も、お付き合いありがとうございました。




         


ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:00| Comment(13) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

はがき絵日記「シモツケソウ」八方尾根の花(2)

今日の一枚は、「シモツケソウ(下野草)」八方の花の2回目です。



八方尾根で咲く「シモツケソウ」は、優しいピンクの花で周りを優しく

包み込んでいます。


        シモツケソウ(下野草)       バラ科

        
2017.7-25.jpg




八方池山荘からは、尾根道と木道が整備された自然散策路に分かれますが、

散策路の木道ではシモツケソウが優しく迎えてくれます。



         
2017.7-25-1.JPG





真夏の空の下、キンコウカの黄色い花が尾根全体で楽しむことが出来ます、


        キンコウカ(金光花)        ユリ科

         
2017.7-25-2.jpg





緑の綺麗な針を持つハイマツも美しい花を咲かせています。


        ハイマツ(這松)           マツ科

         
2017.7-25-3.JPG





八方池山荘の近くでは、小さな「ムシトリスミレ」が、群生を作って咲いていました。


        ムシトリスミレ(虫取菫)         タヌキモ科

         
2017.7-25-4.jpg





白馬三山の夏の雄姿です。



         
2017.7-25-5.jpg





ハッポウアザミは、八方尾根の蛇紋岩に生える固有種です。

遠くに見える山は、鹿島槍ヶ岳と五竜岳です。


        ハッポウアザミ(八方薊)         キク科

         
2017.7-25-6.jpg





紫色の「ノビネチドリ」が、スマートな美しい姿で咲いています。


        ノビネチドリ(延根千鳥)         ラン科

         
2017.7-25-7.jpg




登山道脇には、色とりどりの高山植物が咲き目を楽しませてくれますよ。



         
2017.7-25-8.jpg





紫色の個性的な美しさを持つ「タテヤマウツボグサ」が、群生で咲いています。


        タテヤマウツボグサ           シソ科

         
2017.7-25-9.jpg





石神井ケルンの周りにもいろいろなお花が咲いていますよ。



         
2017.7-25-12.jpg





今日は、八方池山荘付近から八方池までの花ですが、明日は、八方池と

池の周りで咲く花をご紹介しますね。

やはり、高度を上げると花の種類もすこしづつ変わってきます。



今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:29| Comment(10) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

はがき絵日記「エイザンスミレ」と陣馬山で出会った花 2

今日の一枚は「エイザンスミレ」 と陣馬山登山で出会った花 2



今回の陣馬山からの縦走では、とにかく沢山のスミレに出会いました。

中でもエイザンスミレが一番多かったように思います。

               

        
2017.4-22.jpg





        
2017.4-22-1.jpg




影信山頂上です。ここから高尾山へ縦走するか、小仏に下山するか相談の結果

今回は、小仏に下山する事にしました。



        
2017.4-22-2.jpg




この日は、珍しく登山者も少なく静かな山でしたが、頂上の茶屋は

何処も閉まっていました。



        
2017.4-22-3 (3).jpg





この後は、小仏までの下山ですが、とにかく多くのスミレを楽しみました。

同じエイザンスミレでも、咲く場所によって色が違います。


また、高尾山域には何十種類ものスミレが咲くそうです。

そのスミレをいろいろ調べたのですが、私には、エイザンスミレ以外は区別が付きません。

葉の形などでもわかるようですが、間違えるといけないので名前は書きません。

写真だけ見てくださいね。ごめんなさい・・・・・。




        
2017.4-22-3.jpg





        
2017.4-22-5.jpg





        
2017.4-22-6.jpg





        
2017.4-22-7.jpg





        
2017.4-22-9.jpg





        
2017.4-22-10 .jpg




        
2017.4-22-11.jpg





        
2017.4-22-8.jpg






とりあえず写真に撮れたスミレですが、本当に登山道を楽しませてくれました。

また、今度は、ゆっくり写真を撮りに登りたいと思いますが・・・・・。


スミレの他にも、イチリンソウ、ニリンソウ、ユリワサビなど、ヤマブキ、

ハナミズキ、ヤマザクラ、など、久しぶりに登った陣馬山からの縦走は、

久しぶりに楽しい楽しい登山になりました。

心配した筋肉痛もなく・・・・・。近いうちに高尾山へ行く予定です。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 08:01| Comment(13) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

はがき絵日記「ヨゴレネコノメ」と陣馬山登山で出会った花

今日の一枚は、「ヨゴレネコノメ」 と、陣馬山で出会った花です。


14日に登った陣馬さんの登山道では、沢山の山野草に出会いました。

2回に分けて紹介したいと思います。



ヨゴレネコノメは、登山道に向かう斜面で一面に咲いていました。


       ヨゴレネコノメ          ユキノシタ科

        
2017.4-21a.jpg





登山道近くで先ず一番に出会った花は、大きな葉を広げた「エンレイソウ」でした。


       エンレイソウ             ユリ科

        
2017.4-21-1.jpg




美しい紫色の花が目に飛び込んで来ました・・・「ムラサキケマン」でした。


       ムラサキケマン            ケシ科

        
2017.4-21-3.jpg





登山道に入ると、木の根がいっぱい蔓延った急登がつづきます。



        
2017.4-21-5.jpg




いろいろなお花を楽しみながら急登を約1時間40分、陣馬山の頂上に付きました。

頂上の白馬を見るとホッとします。



        
2017.4-21-6.jpg




この日は、うっすらと春霞の中から富士山の姿が美しかったです。



        
2017.4-21-7.jpg




頂上で約30分休憩・・・明王峠に向かいました。

その途中で「アブラチャン」の黄色い花が美しく咲いていました。


       アブラチャン           クスノキ科

        
2017.4-21-11.jpg




頂上から明王峠まで約40分・・・友人が持参したガスコンロでお湯を沸かし

温かいコーヒーをいただき、おにぎりで昼食です。



        
2017.4-21-9.jpg




昼食で約50分休憩してここからは、影信山まで約1時間20分の縦走です。

とっても気持ちのいい縦走路です。


        
2017.4-21-13.jpg




その縦走路には、キイチゴの白い花が爽やかでした。



        
2017.4-21-12.jpg




影信山から小仏まで約1時間の下山道には、沢山のスミレが咲いていました。

中でも、エイザンスミレが多く咲いていました。

次回で、そのスミレをご紹介したいと思います。



今回は、陣馬山・・・明王峠・・・影信山まで縦走・・・小仏に下山しましたが、

今度は、高尾山まで縦走したいです。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 23:00| Comment(9) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

はがき絵日記 ミヤマオダマキ 上高地


今日の一枚は、ミヤマオダマキ(深山苧環)上高地も大正池辺りで咲いています。


         
2015.8-20.jpg




「ミヤマオダマキ」は、亜高山帯や高山帯で見られるオダマキですが、

花が鮮やかで紫色が多く距が巻き込んでいます。



2015.8-20-1.jpg




名前の由来は 「おだまき」 とは糸を巻く道具のことで、花の形がこの道具に

似ていること、高山に咲くことから「ミヤマオダマキ」と付けられたそうです。



        
2015.8-20-2.jpg




ミヤマオダマキの花言葉  「努力の勝利」 「温和」     キンポウゲ科  


キンポウゲの仲間のようですが、随分雰囲気が違いますね・・・・・。





         
2015.8-20-6.jpg





          
2015.8-20-9.jpg





今日も、お付き合い有り難うございました。

                                








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村





               
posted by アイアイ at 23:43| Comment(6) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

はがき絵日記 ミヤマニガウリ 高山植物


今日の一枚は、ミヤマニガウリ(深山苦瓜) です。



        
2015.8-12.jpg




ミヤマニガウリは、7mm程の小さな小さな白い花ですが、亜高山帯の茂みの中などに

咲いていることが多く見逃してしまうことが多いかもしれませんね。



        
2015.8-12-1.jpg




上高地の大正池から田代橋までの遊歩道の脇の茂みで細い蔓を伸ばしてひっそりと

小さな白い花を咲かせています。

大きな葉っぱのクマザサの中などにも咲きますので、ちょっと見つけにくいかも

知れません。時には、蔓が大きく見上げるほどにもなるようです。

         

        
2015.8-12-3.jpg




名前の由来は、作物のつるれいし(にがうり)に似ていて、深山に咲くので

「ミヤマニガウリ」と付いたそうです。



        
2015.8-12-5.jpg




9月に入ると小さな実が付いていますよ。



        
2015.8-12-2.jpg



ミヤマニガウリの花言葉  「恋の悩み」    ウリ科 (ミヤマニガウリ属)


         


ミヤマニガウリは、雄株と両性株があるそうですが私が出会ったのは両性株でした。


上高地へ行かれましたら、クマザサの中などから見つけて下さいね。


可愛い花の雰囲気からは「にがうり」の名は想像できませんが・・・・・。




         雨上がりの上高地         霞沢岳


         
2015.8-12-6.jpg




今日もお付き合い有り難うございました。









ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村



posted by アイアイ at 12:02| Comment(12) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

はがき絵日記 イワショウブ 秋の姿





         今日の一枚はイワショウブ(岩菖蒲)秋の姿です。



          2012.10.26-1.jpg



          2012.10.26.jpg



          夏には、湿原などで白い花が楚々と咲いていますね。

          秋には赤い実をつけ、枯れ葉色の野の中で可愛い姿が

          とっても目立ちます。          

          
         

          名前の由来は、細い葉がショウブに似ていることから

          「イワショウブ(岩菖蒲)」と付いたそうです。          



          8月にUPしたイワショウブのはがき絵です。

          2012.9.18.jpg


           イワショウブの花言葉  「感謝」「誠実」

                      ユリ科 (チシマゼキショウ属) 多年草



         先日25日、上高地へ行ってきました。

         落葉松の黄葉が見ごろで、また、前日降った雪が北アルプス初冠雪

         となり、白い穂高岳とのコントラストに感動しました。


         写真の整理が出来ましたら、また、UPしたいと思います。

         楽しみにしていてくださいね・・・・・。







          




ブログ村に登録しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村


posted by アイアイ at 22:48| Comment(2) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

はがき絵日記 アサマフウロウ 秋の姿




         今日の一枚は、アサマフウロウ(浅間風露)秋の姿です。


          花びらが落ちた後の秋の姿も個性的で素敵ですね。



          2012.10.21.jpg


         
         アサマフウロウは、本州の中部地方に分布し高原や

         亜高山の草地などに生息します。


         秋に変身した姿は、群生して赤く染まり目を引きます。



         名前の由来は、浅間高原に多いことから

           「アサマフウロウ(浅間風露)」とついたそうです。


          2012.10.19-7.jpg

          アサマフウロウの花言葉  「厳 格」

                   フウロウ科 (フウロウ属) 多年草



          アサマフウロウは、フウロウ属の仲間の中では一番

          花が大きく草丈も高いそうです。

          

          遠見尾根の高山植物園では、一輪だけ咲いていました。

          

          秋の姿に変身した姿は何の花だったかなぁ・・・・と

          考えてしまうほどわかり難い花が多いです。


          想像もしない姿に変身していますよ・・・・・。

                   









ブログ村に登録しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村


posted by アイアイ at 00:06| Comment(2) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

はがき絵日記 ナナカマド 秋の姿




         今日の一枚は ナナカマド 秋の姿です。


         「ナナカマド」秋には赤い葉と実が目を引きますね。


           2012.10.15.jpg
          

           ナナカマドの花言葉 「慎 重」「賢 明」「用 心」

                      バラ科  (ナナカマド属) 落葉高木


        
          名前の由来は、大変堅く燃えにくく、7度かまどの入れても

          燃えないことから、「ナナカマド」と付いたそうです。



          ナナカマドの赤い実には、「ロルビン酸」という保存料が

          蓄積されていて、食品添加物として使われるそうです。

          その為、葉が落ちても実は腐らず、凍らず残って冬の間

          鳥類にとっては貴重な食料になるそうです。



          その為なのですね、冬山で時々雪をかぶったナナカマドの

          赤い実を見かけることありますよね・・・・・。


          自然の中で生きていくための宝ですね・・・・・。


   

ブログ村に登録しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
posted by アイアイ at 08:02| Comment(1) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

はがき絵日記 ヤナギラン 秋の姿



         今日の一枚は、ヤナギラン 秋の姿を描きました。

         
         ヤナギランの秋の姿も風情があってとっても素敵ですよ。



          2012.10.14.jpg


          高原を代表する優雅で華やかな花、「ヤナギラン」にも素晴らしい

          ドラマがあったのですね。
          


          秋には、想像も付かない憂いある姿に変り楽しませてくれます。

          白いふわふわの糸のような綿を風になびかせ飛んでいきます



          2012.10.14-3.jpg




          2012.10.14-1.jpg




          名称未設定 2012.10.14-2.jpg

            
  
          満開に咲いて風に揺れる姿も優雅ですが、秋の姿も

          なぜか癒されますね・・・・・。




          2012.9.17a.jpg

          こちらは、9月17日にUPしたはがき絵です。



         今の時期、山で出会う花たちはみんな秋の姿に変身しているので

         「何の花だったかなぁ」と考えることが多いです。


         山へいらっしたら花たちを見てみてくださいね。

         楽しくなりますよ・・・・・。




ブログ村に登録しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村


posted by アイアイ at 12:01| Comment(0) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

はがき絵日記 ミヤマナラ 高山植物




        日光の山では、うっすらと色ずき始めたとのことです


        今日の一枚は、 ミヤマナラ(深山楢)

                       8月の八方尾根での姿です。



          2012.9.25.jpg



         ミヤマナラは、本州の中部以北の日本海側の多雪地帯の高山帯に

         分布し、葉は小型で6〜9cm程度で果実も1cm程の小型です。


         八方尾根では、八方池から丸山までの登山道に多く生息しています。


 
         名前の由来は、木に水分が多く含まれることからミズナラ(水楢)

         ミズナラの高山型であることから「ミヤマナラ(深山楢)」と

         付いたそうです。



          2012.9.25-1.jpg


           ミヤマナラの花言葉   花言葉は見つかりませんでした。

                         私だったら 「思い出」 かな・・・・・。

                    ブナ科  (コナラ属) 低木樹



         8月では、まだ青みのある可愛い実でしたが今はもう、秋の尾根で

         可愛いどんぐりに変身しているのでしょうね・・・・・。



         10月に会えるのがたのしみです・・・・・


                             写真と絵をクリックすると大きくなります。






ブログ村に登録しております。
よかったらぜひ、ポチっと応援お願い致します。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村





posted by アイアイ at 00:05| Comment(0) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

はがき絵日記 オヤマリンドウ 高山植物



        千葉は、朝から久しぶりの雨、秋雨で心が癒されます。


        今日の一枚はオヤマリンドウ(御山竜胆)8月末の八方尾根で

        出会いましたが、疲れを癒してくれました。

        

           2012.9.17c.jpg


           
         「オヤマリンドウ」は、中部地方以北の亜高山帯の湿原や、草地に

         生える日本の特産種です。


         「リンドウ」といえば秋、清楚でさわやかな美しさが

                     登山道などで目を楽しませてくれますね。

         

         名前の由来は、リンドウは、龍の胆汁のように苦いことから

         リンドウ(竜胆)。また、高山に咲くことから「オヤマリンドウ」

         と付いたそうです。



          2012.9.17d.jpg


          オヤマリンドウの花言葉  「正 義」 「満ちた自信」

                      リンドウ科  (リンドウ属) 多年草



         リンドウの花は、晴天でもあまり開くことはありませんね。

         それでも鮮やかな青が草原で映えて目を楽しませてくれます。


         私は、山でリンドウが咲いているのに出会ったことがありません

         でも、それでいいのかも知れませんね・・・・・・。
                 






ブログ村に登録しております。
よかったらぜひ、ポチっと応援お願い致します。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 00:07| Comment(0) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

はがき絵日記 チャボゼキショウ(高山植物)




         暑さ寒さも彼岸まで・・・秋がやってきましたね。


         今日の一枚はチャボゼキショウ(矮鶏石菖)高山植物です。



           2012.9.20.jpg
                                                      



         「チャボゼキショウ」は、高山帯の草原や、岩場に生息します


         八方池山荘の近くで、細い茎先に白い小さな花をパラパラに咲かせた

         可憐で可愛い姿に出会いました。

                          
        

         名前の由来は、チャボは文字通り小さいことを意味し、葉が

         ショウブ(菖蒲)に似ていることから。

         セキショウの名前は、岩に生え、形態がショウブに似ていることから

         菖蒲で石菖の名が付き、合わせて「チャボセキショウ」と

         名が付いたそうです。




         全体の立ち姿からはまるで違う、個性のあるしっかりした表情を
         していますね。

            2012.9.20-1.jpg


           チャボゼキショウの花言葉  「高嶺の花」 「誇り」

                     ユリ科  (チシマゼキショウ属) 多年草



          花の姿からは、不似合いな花言葉のように思いますね・・・・・。



          ツシマゼキショウの変種のようですが、高山植物には良く似た

          花が多いですね。








          




ブログ村に登録しております。
よかったらぜひ、ポチっと応援お願い致します。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 00:05| Comment(2) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

はがき絵日記 ミヤマダイモンジソウ 高山植物




       今日は、秋が近づいたことを感じさせるうろこ雲が出ていましたね。


       今日の一枚はミヤマダイモンジソウ深山大文字草)です。



           2012.9.19.jpg
          



          ミヤマダイモンジソウは、北海道から中部地方の亜高山帯から

          高山帯の湿った草地に生息します。


          「ダイモンジソウは、大の字に見えるからダイモンジソウって

          いうのよ。」と登山の時仲間に教わってから、これほど印象に

          残った、一度聞いたら忘れられない花は無いように思います。



          名前の由来は、白い5枚の花弁は不ぞろいで2枚が長いため

          「大」の字に見えることから「ダイモンジソウ」、また、深山に

          咲くことから「ミヤマダイモンジソウ」と付いたそうです。




           2012.9.19-1.jpg


          ミヤマダイモンジソウの花言葉 「自由」 「不調和」

                    ユキノシタ科 (ユキノシタ属) 多年草


         私が今回出会ったときは、8月末でもう終わりかけていました。


         低山に咲く「ダイモンジソウ」がありますが、違いは「ダイモンジソウ」

         には葉に毛が多いことです。



         ユキノシタ属の花は、みんな個性的な表情をしていますね


            2012.5.23.jpg


          以前アップした時の「ユキノシタ」の花のはがき絵です。

          どこか「ダイモンジソウ」に似ていますよね・・・・・。





ブログ村に登録しております。
よかったらぜひ、ポチっと応援お願い致します。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村







          
posted by アイアイ at 00:10| Comment(0) | はがき絵日記 高山植物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム