2018年02月01日

赤銅色の満月、美しかったです。


今回の皆既月食、神秘的で美しかったですね・・・・・。


赤銅色のお月様、ご覧になりましたか・・・・・。

幸い自宅のベランダからよく見えますので、ベランダに三脚を立てお月様が

変化していく様子をカメラに収めました。


レンズが、135mmまでしかズームが出来ないため、大きなお月様は撮れません

でしたが、それでも美しい赤銅色のお月様は納められました。





        
2018.2-1s.jpg





午後6時15分頃、千葉市の空には丸いお月様が輝いていました。



        
2018.2-1-1a.jpg





20時15分頃には、夜空高く真ん丸いお月様が輝いていました。



        
2018.2-1-2.jpg





20時50分頃から欠け始めました。



         
2018.2-1-3.jpg





        
2018.2-1-4.jpg





        
2018.2-1-5.jpg





         
2018.2-1-6.jpg





9時51分頃から次第に色が付き始め美しい赤銅色のお月様に・・・・・。



          
2018.2-8.jpg





この後、急に白い雲が湧き始めお月様は雲の中に・・・・・時々、雲の間に間に

見えていました



今回のような赤銅色のお月様を見たのは、初めてのような気がします。

テレビで赤銅色になることについての解説など聞いていましたが、

不思議で不思議で・・・・・大きな感動が出来た事に幸せな夜でした。



ご覧になられた方も多いと思います。素晴らしい夜でしたね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:40| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

「ちひろ美術館」 素敵な美術館です。


ちひろ美術館」では、いわさき ちひろ生誕100年を記念して1月31日まで

日本の絵本100年の歩み」展が開催されていました。




        
2018.1-30.jpg




東京に雪が降った2日後、練馬にある「ちひろ美術館」へ行ってきました。


「日本の絵本100年の歩み」 私自身が子供の頃に見た覚えのある絵本から

子供たちといっしょに見て読んで楽しんだ絵本、忘れかけていた懐かしい絵本を

思い出しながら一冊一冊ゆっくり楽しむことが出来ました。





        
2018.1-30-7.jpg





        
2018.1-30-2.jpg





        
2018.1-30-3.jpg





「いわさき ちひろ」 どうしてこんなに優しい絵が描けるのでしょうね・・・・・。

私にとっては、憧れの画家ですが素晴らしい絵を見ていて心の優しさが伝わってきます。

見る人をも優しい気持ちにしてくれます。本当に優しい人だったのでしょうね。





         
2018.1-30-8.jpg





「ちひろ美術館・東京」 は、練馬区下石神井の住宅街の中にありますが、

中には図書室もあり絵本や沢山の画集を自由に見ることが出来ます。

一階には、喫茶もあり展示を楽しんだ後は、コーヒータイムを楽しめます。




         
2018.1-30-4.jpg





        
2018.1-30-5.jpg





「日本の絵本100年展」は、今日で終わりますが、本当に楽しい展覧会でした。

「私も絵本作家になりたかったなー」、ふと、そんなことを思ってしまいました。




長野の安曇野にある「ちひろ美術館」にも、2度行った事がありますが、

東京とは違う静かな緑の広がる自然いっぱいの中にあり、やはり素晴らしい美術館です。

安曇野方面に出かけられたときには是非、行ってみるといいですよ。



とても幸せな気持ちになった一日でした・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:01| Comment(2) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

はがき絵日記 「スズカケの実」です。


今日の一枚は、「スズカケの実(鈴懸)」 プラタナスとも云いますね。



前回のアメリカフウより優しい感じがスズカケの実です。



         
2018.1-29.jpg





アメリカフウのように厳しい棘はありません。




         
2018.1-29-1.jpg





実を割ってみると、中は綿毛の固まりになっています。




         
2018.1-29-4a.jpg





やっぱり優しい雰囲気の実なんですね。綿毛には、種をいっぱいつけています。




         
2018.1-29-5.jpg





青葉の森には、既存木の大きなプラタナス(スズカケノキ)の樹が見事です。

見上げると、丸い実がまるで鈴がぶら下がっているようにいっぱい付いていました。




2018.1-29-10.jpg






        
2018.1-29-7.jpg






         
2018.1-29-9.jpg




スズカケの実の花言葉   「天才」        スズカケノキ科  




梅林を歩いていると「イヌノフグリ」が、落ち葉の下から一輪可愛い花を

咲かせていました。




        
2018.1-29-11.jpg

  




木の実を楽しみながら森の中を歩いていると、足元の枯れ草の中から

イヌノフグリやミチタネツケバナなどが、早くも一輪一輪花を咲かせ始めていましたよ。


春も、もうすぐ近いですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 20:02| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

はがき絵日記「アメリカフウの実」


今日の一枚は、「アメリカフウの」 別名「モミジバフウ」とも呼ばれています。



数日前に行った青葉の森では、今年も「アメリカフウ」の木には、トゲトゲの

ユニークな実がいっぱいぶら下がっていました。




        
2018.1-28.jpg





果実は球状、さく果の集合でトゲトゲが痛々しい感じですが、

ユニークな姿が何とも可愛く風情があります。




        
2018.1-28-1.jpg





         
2018.1-28-2.jpg





        
2018.1-28-3.jpg





木の下には、実がいっぱい落ちています。トゲトゲなので無意識のうちに

除けて歩いていました。




        
2018.1-28-4.jpg





春、3月から5月ごろには、丸い花を付けますが、穂状に上に付いている花が雄花で、

ぶら下がって咲く一個の花が雌花です。雄花と雌花が同株で別々に頭状花序を付けます。

葉は、人の手の平ほどの大きなモミジの形をした葉です。




         
2018.1-28-5.jpg





秋には、大きなモミジの葉っぱが鮮やかに紅葉します。



        
2018.1-28-6.jpg




アメリカフウの花言葉  「非凡な才能」「輝く心」    マンサク科  フウ属





アメリカフウは、毎年この時期にブログアップしていますので、お馴染みになっていますね。

アメリカフウの他にも、スズカケの実やサルスベリの実などもユニークです。


冬になると色々な木の実を拾ってきて色を塗って花瓶に飾ったりリースを

作ったりして楽しんでいます。



冬の時期、森の中を歩いていると面白い発見がいっぱいありますね。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:05| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

はがき絵日記 「ハナカンザシ」 可憐に

       今日の一枚は、ハナカンザ(花簪) 

                     別名 「冬の妖精 」とも呼ばれています。



         
2018.1-26.jpg




      今年も、ベランダのプランターの中で 「ハナカンザシ」 の愛らしい花が

      咲きはじめました。


      数年前、花屋さんの店先で目に止まり始めて買って植えました。

      あまりにも可愛い花だったので、今年もまた買ってきて植えました




         
2018.1-26-1.jpg





      細い花茎の先に蕾をいっぱい付け、2cm位の小さな愛らしい花を咲かせます

      可愛い姿の花がいっぱい・・・小さな花が本当に可愛いです。



        
2018.1-26-3.jpg





      花びらは、カサカサしています。

      花は、朝、開き夜には閉じて2ヶ月以上春まで咲き続けます。



         
2018.1-26-6.jpg




      名前の由来は、カサカサした感触の可愛い花を 「かんざし」 に見立てて

      「ハナカンザシ(花簪)」 と名が付いたそうです。

      本当にかんざしにしても可愛いかんざしになりますね。



        
2018.1-26-2.jpg





         
2018.1-26-5.jpg

 



      ハナカンザシの花言葉      「思いやり」 「温 順」

                               キク科    ローダンセ属




      別名 「冬の妖精」 とも云われているそうですが、寒い冬空の下で

      咲く姿が冬の妖精に見えたことから付けられたそうですよ。


      花が、カサカサしていますので、ドライフラワーにしても色あせ

      しないで永く楽しめますよ。



      私は、雑草の中で楚々と咲く野の花が好きで、園芸品種の花は

      あまり絵に描かないのですが、この「ハナカンザシ」は、あまりの

      可愛い表情に惹かれベランダで育てていますが、見るのが楽しみで

      癒されます。本当に可愛いです・・・・・。



      今日も、お付き合いありがとうございました。


                
        



ブログ村に参加しております。よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
posted by アイアイ at 11:29| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

はがき絵日記 「マユミ」の赤い実


今日の一枚は、「マユミ(真弓)」 秋から冬にかけて赤い可愛い実を付けています。



昨年、11月の上高地でも、マユミの赤い実がいっぱい生っていました。



        
2018.1-24dn.jpg




マユミは、山野に生える落葉低木ですが、紅葉も美しく赤い実は、

野鳥たちの大好物です。




         
2018.1-22-2.jpg




初夏には、1cm 程の小さな黄緑色の十字型をした花を咲かせる「マユミ」ですが、

秋、10月から12月には赤い実をいっぱい付けています。




         
2018.1-22-3.jpg





上高地で翌日の朝、一面に霧氷が付き真っ白の景色に一変していましたが、

マユミの実も、霜に覆われ寒々しい姿に・・・・・。





         
2018.1-22-5a.jpg




名前の由来は、昔この木で弓を作った事から「マユミ(真弓)」と付いたそうですが

樹質は、硬いが柔軟性があるそうです。




          
2018.1-22-4.jpg





         
2018.1-22-6a.jpg




マユミの花言葉  「あなたの気持ちを心に刻む」      ニシキギ科





マユミの赤い実は、小さく可愛い美味しそうな実で小鳥の食料にはなりますが

人間にとっては、毒性のある成分が含まれていますので少量でも吐き気や

下痢を起こすそうですよ。


美味しそうですが、気をつけましょうね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:31| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

関東地方 久ぶりの雪化粧 関東地方の大雪、綺麗でした。


関東地方の大雪、久ぶりの街の雪化粧綺麗でしたね。


今日は、日の出前から日の出の様子を写真に撮るのを楽しみにしていたのですが、

何時も朝6時に目覚ましをかけ起きているにもかかわらず、今日、目覚ましで目が覚めると

何と7時・・・何故間違ったのかなー・・・・・?。

というわけで残念ですが、描いていた写真は撮れませんでしたが、一応住まい近辺の

様子を紹介します。



       自宅マンションから見下ろすと、素敵なアートが描かれていました。
   

         
2018.1-23.jpg





         
2018.1-23-1.jpg





          
2018.1-23-2.jpg





         
2018.1-23-4.jpg




       東京に比べると雪は少ないですが、綺麗な雪景色です。



         
2018.1-23-5ad.jpg





         
2018.1-23-6.jpg




       昨夜、寝る前に玄関に出てみると、通路にも雪が積もっていました。



          
2018.1-23-7.jpg





      千葉でも、私の住んでいるところは今年初めての雪でした。

      雪が降るとわくわくして何度も何度もベランダに出て見ていました。


      今年は、まだ一度も登っていない雪山に行きたくなりました。

      私は、雪山が大好きです。今までに沢山の雪山を登ってきましたが、

      雪山登山は装備が完璧ですので怖さはあまり感じませんが、

      都会に降る雪は怖くてとぼとぼ歩きになります。


      雪道、夜は凍りますのでお気をつけくださいね・・・・・。


      今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 18:31| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

稲毛海岸 検見川浜 穏やかな夕暮れ


稲毛海岸、検見川浜 穏やかな夕暮れでした。



先週は、荒れた海での写真でしたが、昨日の日曜日は、まるで湖のような

穏やかな静かな静かな海でした。



突堤の長さが800m あるそうですが、その先端のベンチに座って30分も

美しい沈みゆく太陽の海を眺めていました。



        
2018.1-23-5.jpg






        
2018.1-23-1.jpg






         
2018.1-23-7.jpg





         
2018.1-23-8.jpg





        
2018.1-23-9a.jpg





         
2018.1-23-10.jpg





         
2018.1-23-11.jpg





昨日は、無風で暖かく少し霞みのある海で富士山は見えませんでしたが、

それが穏やかな優しい情景になったのでしょうね。


山であれ、海であれ自然に接していると心が落ち着きます。


今日は、かなりの雪が降るようですが、どうかお気をつけくださいませ。



今日も、お付き合いありがとうございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:30| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

はがき絵日記 「ロウバイ」です。


今日の一枚は、「ロウバイ(蝋梅)」 いい香りを漂せながら美しく咲いています。



     今年も、春が近い事を告げるように蝋細工のような透明感のある花

     「ロウバイ」が美しく咲いていますね。




        
2018.1-19m.jpg





      蝋細工のような質感が名前の由来になっているそうですが、

      美しい姿が見る人の心を惹きつけますね・・・・・。




          
2018.1-19-2.jpg





         
2018.1-19-3.jpg





         
2018.1-19-5a.jpg





      こちらのロウバイは、「マンゲツロウバイ(満月蝋梅)」花の中心に褐色の輪が

      入っているように見えることからの名前の由来だそうです。




          
2018.1-19-6.jpg





         
2018.1-19-7.jpg



      ロウバイの花言葉   「優しい心」 「慈愛」     ロウバイ科




      近くの梅園では、白梅が少しづつ花を咲かせ始めていました。



         
2018.1-19-8.jpg





これからは、紅梅、白梅、早咲きの「カワズザクラ」などが咲き賑やかになり

嬉しいですね。


春の桜満開もいいですが、私は、今の時期の静かな花の雰囲気も大好きです。

でも、「春よこい  早くこい」 は、口ずさみたくなりますね。



今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 21:47| Comment(7) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

「北斎とジャポニスム展」 国立西洋美術館


国立西洋美術館で開催されています「北斎とジャポニスム」展に行って来ました。


昨日17日は、全日本山岳写真協会の今年ど初めての1月度例会がありましたが

例会参加の前に国立西洋美術館で開催されている「北斎とジャポニスム」展に

行って来ました。12月に行った時は混んでいてゆっくり見られなかったのですが

今回は雨が降っていた事もあり、それほどの混雑もなくゆっくり鑑賞することが

出来ました。




        
2018.1-18.jpg




北斎が西洋に与えた衝撃・・・・・セザンヌをはじめ、ドガ、ゴーガン、モネ、ゴッホ

など表現も求める芸術家を魅了し「ジャポニスム」という現象が生まれたそうです。

その北斎の作品と西洋の名作が共演、素晴らしい感動の展覧会でした。



北斎の描いた富士山の連作の一枚です。



         
2018.1-18-1.jpg




私の大好きな、セザンヌの「サント=ヴィクトワール山」 この作品も、

北斎の富士山を描いた連作の一枚からのモチーフでした。




       
2018.1-18-2.jpg





        
2018.1-18-4.jpg




この展覧会から、西洋の芸術家の眼を通して新たな北斎の魅力を感じることが

出来たように思います。感動の大きな展覧会でした。





絵を楽しんだ後は、月例出席の為、池袋の「としま産業振興プラザ」へ


月例コンテストでは、皆さんの素晴らしい写真を見せていただき

ギャラリートークでは、高橋会員の楽しいお話を聞かせていただき

和気合い合いの楽しい例会でした。




        
2018.1-18-6.jpg




午後は、しとしと雨になりましたが、暖かな一日を楽しく過ごしました。


今日も、お付き合いありがとうございました。

        





ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 15:10| Comment(11) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム