2017年05月13日

はがき絵日記 「ホウチャクソウ」です。

今日の一枚は、「ホウチャクソウ(宝鐸草)」 です。



白い花を、葉の下でぶら下がるように付けていますね。



        
2017.5-12m.jpg




長くのびた茎の葉の元から円筒状の3cm位の花が1〜3ヶ垂れ下がり、花被片を

ひろげてこれ以上に花が咲くことありません。

開いたらきっと素敵な花でしょうね。

咲くことがないなんて・・・・・ちょっと淋しい気がしますね。



         
2017.5-12-3.jpg





         
2017.5-12-4.jpg




名前の由来は、下垂する花をお寺の屋根の4隅の軒に下げた宝鐸に見立てて

「ホウチャクソウ(宝鐸草)」と名が付いたそうです。



         
2017.5-12-5.jpg





         
2017.5-12-6.jpg




ホウチャクソウの花言葉  「追 憶」      ユリ科    ホウチャクソウ属





同じユリ科で、よく似た花があります。


ワニグチソウ、ナルコユリ、アマドコロ、チゴユリなど、よく似ていますが

花の姿には、それぞれ特徴がありますね。



風に揺れながら葉の下で控えめに咲く花は、一見優雅にも見えますね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:02| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

はがき絵日記 「アメリカフウロ」です。

今日の一枚は、「アメリカフウロ」 小さな小さな花です。



        
2017.5-11a.jpg




アメリカフウロは、道端や荒地でよく見かける野草ですが、昭和のはじめごろに

確認された帰化植物です。本州から沖縄まで分布を広げている強い植物ですが

1cm程の小さな小さな花を咲かせています。



         
2017.5-11-1.jpg





        
2017.5-11-2a.jpg




葉は、手のひらを広げたような深い刻みが入っています。



         
2017.5-11-4.jpg.jpg





         
2017.5-11-6.jpg




アメリカフウロの花言葉   「誰か私に気が付いてください」    フウロウソウ科



花言葉のように、小さく目立たない花なので気が付いてもらいたいという

お花さんの気持ちが伝わってくるようですね。


毎年、楽しみにしている花ですが、畑に取っては迷惑な雑草のようです。

私は、可憐に咲く姿が大好きで何度も絵に描いています。

道端などで、見つけてあげてくださいね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 13:01| Comment(11) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

はがき絵日記 「コマツヨイグサ」


はがき絵日記 「コマツヨイグサ(小待宵草)」 潮風に吹かれながら爽やかに。



       
2017.5-8-9.jpg




コマツヨイグサは、マツヨイグサ属の中でも一番小さく、潮風に吹かれながら

海岸や川原などに多く自生しています。



        
2017.5-8-2.jpg




黄色い小さめの花を付けた花茎は、砂浜を這うように広がっています。



         
2017.5-8-3.jpg




コマツヨイグサは、夜に咲く印象が強いですが、昼間でも20〜30%は花を

咲かせていますが、夕方になると花も多く咲き始めます。



        
2017.5-8-4.jpg




朝、つぼみ始めると色が変化します。

午前中の砂浜では、オレンジ色の萎んだ花が沢山見られますよ。



        
2017.5-8-5.jpg




コマツヨイグサの花言葉  「ほのかな恋」    アカバナ科  マツヨイグサ属





すぐ近くでは、「アメリカフウロウ」 が可愛い花を咲かせていました。

1cm 程の小さな花ですが、海岸沿などに目立たない姿で咲いています。

大好きな花の一つです。


       アメリカフウロウ        フウロウ科    

        
2017.5-8-5.jpg




マンテマ、こちらも個性のある小さな花を咲かせています。


       マンテマ           ナデシコ科   マンテマ属

        
2017.5-8-6.jpg





海岸沿いを歩いていてもいろいろな野草が目に飛び込んできます。

ただ、海岸沿いや砂浜に咲く花は小さい花が多いので気が付く方が少ないようです。

座り込んで写真を撮っていると「何があるんですか・・・?」とよく声をかけられます。

「可愛い花が咲いてるわよ・・・」と「あらー」 とびっくりされます。

ただ、興味の違いかも知れませんね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:01| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

稲毛海岸 満潮と強風の海

昨日は、連休初めてのお出かけ、稲毛海岸へ・・・強風で荒れる海でした。



連休も後一日となった昨日、海が見たくなりまたまた稲毛海岸へ・・・・・。

ちょうど満潮の時間と強風が重なり、荒波が砂浜いっぱいに打ち寄せていました。



        
2017.5-14-1.jpg




東京湾に面した海は、いつも静かな海ですが、珍しくかなり荒れていました。



         
2017.5-14-2.jpg




打つ寄せられた波に乗って、いろいろなものが打ち上げられています。



        
2017.5-14-3.jpg




そんな砂浜を歩いてみました。クラゲがいっぱい打ち上げられていました。

先ず、目に飛び込んできたのが、綺麗な模様の「くらげ」です。



        
2017.5-14-4.jpg




今度は、白いくらげ・・・・・。



        
2017.5-14-5.jpg





        
2017.5-14-6.jpg




これは、「イカ」・・・20cm位もある丸いイカ・・・「コウイカ」足が短いイカ・・・?。



         
2017.5-14-7.jpg




こんな「イカの甲」 もいくつも打ち上げられていました。

「イカの甲」は、柔らかいイカの体を守るために「コウイカ」の体に入っていると、

海で育った私は、子供のときに聞いた事があります。


「イカの甲」に絵を描いて、水に浮ばせて遊んだ事を思い出しました。

真っ白で綺麗な船になるんですよね。



        
2017.5-14-17.jpg




激しい波で出来た波の花が美しく輝いています・・・・・。



        
2017.5-14-8.jpg




このクラゲは・・・裏側はこんなに複雑です。



        
2017.5-14-9.jpg




荒波は、防波堤を超えて道路まで波が打ち上げています。



        
2017.5-14-11.jpg




強風の海では、ウインドサーフィンは大変な人出です。

皆さん風に乗って海上をビュンビュン飛ばしています・・・よくぶつからないな・・・。



        
2017.5-14-12.jpg




ヨットハーバーは、強風と満潮が重なっていて海水が溢れそうです。

さすがにヨットはお休みのようで静かです。



        
2017.5-14-13.jpg





いつも、引き潮で夕陽を見に海へ行く事が多いのですが、今回は、真昼に行って

おもわぬ楽しい満潮の砂浜を楽しみました。

強風で、砂浜でのんびりする事は出来ませんでしたが、防風林の松林の中で

のんびりしました。


やっと体調も戻り、今年の春山は何処へ行こうかなー・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:01| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

はがき絵日記 「モミジバフウ」の花

今日の一枚は、モミジバフウ(アメリカフウ)」 の花です。



秋には、鮮やかな紅葉を楽しませてくれる 「モミジバフウ」 ですが、

春には、可愛い丸い花を咲かせます。



        
2017.5-6-19saa.jpg





花期は、3月から4月、雄雌同株で雄花と雌花が別々に花序を付けます。

雄花は、穂状に上に向けて5〜8cmほどの花を付け、雌花は、下にぶら下がるように

1個の花を付けます。



        
2017.5-6-1.jpg





        
2017.5-6-1a.jpg





        
2017.5-6-4a.jpg





5月の今の時期になりますと、大きなモミジの葉の下に隠れるように

小さな丸い実のような花がいっぱいぶら下がっています。




        
2017.5-6-5a.jpg




秋の終わり頃から冬には、お馴染みのとげとげのある実が木にいっぱいぶら下がり

木の下にもいっぱい落ちていますね。ユニークな実ですよね・・・・・。



        
2017.5-6-6.jpg





公園などには必ずと云っていいほど「モミジバフウ」の木は植えられていますが、

綺麗な紅葉を見せてくれます。



        
2017.5-6-7.jpg




モミジバフウの花言葉  「非凡な才能」「輝く心」    マンサク科   フウ属




近くの「トチノキ」も、空に向かって花を咲かせていました。



        
2017.5-6-8.jpg





今の時期は、色とりどりの花に気が奪われそうですが、目を上に向けると

新しい発見があります。


「モミジバフウ」秋の茶色くなった実は知っていましたが、春にこんなに可愛い姿が

ある事は知りませんでした。新緑の葉に隠れるように小さな丸いものがあることに

気が付き、写真を撮って帰り調べてみてこれが花だと知りました。

自然の中での新しい発見・・・感動ですね。


散歩やウオーキングに出たら、木の上をちょっと見上げてみては如何ですか・・・。

新しい発見があるかもしれませんよ・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:01| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

はがき絵日記 「ハナミズキ」

今日の一枚は、「ハナミズキ(花水木)」 です。



ハナミズキの可愛い姿は、家庭でも街路樹としても親しまれていますね。

サクラの花が散った頃から、細くのびた枝に少女が舞っているよな姿で咲いていますね。



       
2017.5-5b.jpg




4枚の花びらに見えるものは苞で、その先端がくぼみ一見傷付いたように

見えることから、キリストの十字架に見立てることもあるそうです。



        
2017.5-5-1.jpg




開花寸前の姿ですが、ユニークな姿ですね・・・・・。



        
2017.5-5-2.jpg





        
2017.5-5-3.jpg




ピンク色の花は、本当に可憐な少女のようです。



        
2017.5-5-5a.jpg




ピンクの開花寸前の姿も素敵です。



        
2017.5-5-5.jpg





        
2017.5-5-6.jpg




ハナミズキの花言葉 「華やかな恋」 「公平にする」      ミズキ科




明治の末、ワシントンに送ったサクラの返礼に送られた「ハナミズキ」ですが、

今では、サクラと共に春が来た事を教えてくれる親しみのある花になりましたね。


また、秋には赤い綺麗な実を上向きにつけ、どの木よりも早く紅葉をはじめて

秋を知らせてくれますね。


四季を通して楽しませてくれますね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 14:30| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

はがき絵日記 「ハナワサビ」 です。

今日の一枚は、「ハナワサビ(花山葵)」 です。 



4月、安曇野あたりをドライブしていると白い絨毯を敷きつめたように一面

真っ白の花が咲いています。


                                (2015.4.  描)
         
2017.4-16.jpg




「ハナワサビ」とは、花を咲かせる前のつぼみの状態の若い花茎の事ですが、

春、北アルプスの湧き水が流れる安曇野のワサビ田で白い花が一面に咲いている

光景は、清々しい風景ですね。



         
2017.4-16-1.jpg





         
2017.4-16-3.jpg




今年は、スーパーで見かけることはなかったですが、時としてスーパーの

店先で見かけることもあります。

ワサビ特有の鼻を突き抜けるような辛味と、シャキシャキ感と苦味が特徴です。



         
2017.4-16-6.jpg





        
2017.4-16-9.jpg




ワサビの花言葉  「目覚め」 「うれし涙」        アブラナ科  ワサビ属




ハナワサビを軽く塩もみして熱湯をかけ、密封してしばらく置いたらお浸しにしたり

漬物にしていただきます。


温かいご飯に合い、春の味が美味しいですよ・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。
         







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 17:00| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

はがき絵日記 「コウボウムギ」と、検見川浜に咲く花

今日の一枚は、「コウボウシバ」  検見川浜に咲く花たちです。



今回は、少し頑張って稲毛の浜から検見川浜の先までウオーキングしました。

検見川浜には、海浜植物が多く浜でしか見られない花が沢山咲いていました。



       コウボウシバ            カヤツリグサ科

        
2017.4-29.jpg





        
2017.4-29-1.jpg




        コウボウムギ            カヤツリグサ科

        
2017.4-29-2.jpg




美しいピンク色の花、ハマヒルガオがかなり咲き始めていました。

10日も過ぎれば、砂浜がピンク色になります。


       ハマヒルガオ(浜昼顔)          ヒルガオ科

        
2017.4-29-3.jpg




可愛い「コマツヨイクサ」も、砂浜の中で海風を受けながら咲いていました。


        コマツヨイグサ(小待宵草)          アカバナ科

        
2017.4-29-4.jpg




この日は、風が強かったためウインドサーフィンの人たちは、風に乗って

まるで暴走族のように海面を走っていましたよ。



        
2017.4-29-5a.jpg




おなじみの「ハマダイコン」です。そろそろ終りかな・・・・・。


       ハマダイコン(浜大根)           アブラナ科



        
2017.4-29-6.jpg




こちらは白い花を咲かせる「オニハマダイコン」 です。


       オニハマダイコン(鬼浜大根)         アブラナ科


        
2017.4-29-7.jpg




       ヨシ・・・?                 イネ科

        
2017.4-29-8.jpg




こちらは、「波の花」 風が強かったためテトラポットや岩に打ち寄せられた波が

真っ白の花のようになって砂浜の上まで押し寄せてきます。


日本海側ではよく見られますね。



        
2017.4-29-10.jpg





        
2017.4-29-11.jpg





海岸の砂浜にもいろいろな花が咲いています。

海岸に咲く花は、強い潮風に吹かれながら咲いていますが、よほど強い植物でないと

生きられませんね。それだけに、健気に咲く花が多いようにおもいます。


砂浜に座って、お茶を飲みながら海を眺めていると本当に癒されます。



今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:00| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

はがき絵日記 「ソラマメの花」 

今日の一枚は、「ソラマメの花」  美しい花にびっくりです。



        
2017.4-28.jpg




ソラマメの花がこんなに素敵な花だったとは・・・・・近くの畑の側をを歩いていて

背に不思議な雰囲気を感じて振り返ると、ソラマメの花がいっぱい咲いていました。


今までは、素通りしていたのに・・・・・素敵な花だったんですね。ソラマメは・・・。




2017.4-28-7a.jpg





ソラマメは、空に向かってさやが付く事から「ソラマメ(空豆)」と名が付いたそうです。



         
2017.4-28-4a.jpg





はじめは空を向いているさやも、豆が大きくなってくると下に垂れ下がっていきます。



         
2017.4-28-8a.jpg





         
2017.4-28-6.jpg





ソラマメの花言葉  「憧れ」 「永遠の楽しみ」      マメ科   ソラマメ属




もうすぐ、小さなさやが付き始めるのでしょうね。楽しみですね。


大きなさやに大きな豆・・・・・美味しいですよね・・・・・。

初夏のビールが美味しい季節になると、スーパーや八百屋の店先で

ソラマメが目立つようになりますね。


ビールが飲めなくても、ソラマメは大好きです。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 17:30| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

はがき絵日記 ボケの花 鮮やかに



今日の一枚は、「ボケ(木瓜)」です。 鮮やかに咲いていますね。




       
2017.4-26-7a.jpg




サクラの花が散った後、サクラの木の下では「ボケ」の花が、鮮やかに咲いています。



        
2017.4-13-2a.jpg




ボケの花は種類が多いですね。今日の絵は、濃いオレンジ色の花ですが、

赤い花やピンクの花、白い花もありますね。また、枝に棘があるものとないものがあります。

品種としては、200品種もの花があるそうですよ。



        
2017.4-13-3a.jpg




名前の由来は、ボケになる果実が瓜に似ていることから、木に生る瓜「木瓜(モケ)」が

「ボケ」に転化したものといわれているそうです。


花びらを落とし、しべを残した姿も可愛いですね・・・・・。



         
2017.4-13-5.jpg





         
2017.4-13-6.jpg




ボケの花の花言葉    「先駆者」 「早熟」        バラ科  ボケ属




ボケには、冬に咲くボケを「カンボケ(寒木瓜)」といいますが、春に咲く花との

区別をするために寒木瓜と呼ぶそうです。寒い冬の公園などで木枯らしに吹かれながら

鮮やかな花を咲かせていますね。



ボケは、中国原産の落葉低木ですが、日本原産のボケとして「クサボケ」があります。

背が低くく地を這うように枝を伸ばし花を咲かせています。

高尾山で今の時期よく見かけます。今度、紹介しますね。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 21:30| Comment(10) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム