2017年12月16日

はがき絵日記 シラン冬の姿 枯れても個性的


今日の一枚は、シラン冬の姿 さすが・・・枯れ姿も素敵ですね。



         
2017.12-16aa.jpg





冬枯れの色彩を失った花が、風に揺れる姿は淋しくもありますが、

味わいもあり、ちがった感動がありますね。


          
          
2014.2-10-10.jpg





          
2014.2-10-9.jpg





          
2014.2-10-7.jpg





          
2014.2-10-8.jpg





春には、紅紫色の鮮やかな花を咲かせてくれましたね。

シランは、数あるランの中で、最も育てやすい種類の一つだそうです。   

花の色も葉の色も鮮やかで、群生して咲いている様は見事ですね。



          
2014.2-10-5.jpg




シランの花言葉   「あなたを忘れない」 「変わらぬ愛」 「薄れゆく愛」

                                 ラン科      シラン属




色を失った冬枯れの姿を見て「これは何の花だったかな」と考えることが

よくあります。

         
全く解らない花、少しは面影を残している花、いろいろですが、冬が訪れると

それなりに楽しんでいますよ。



今日も、お付き合い有り難うございました。                   





         
ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 19:00| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

はがき絵日記 「サザンカ(山茶花)」花びらに染まる 


今日の一枚は、「サザンカ(山茶花)」 ピンクの絨毯美しいですね。



花の少ない晩秋から冬にかけて優しいピンクの花が満開になっていました。



        
2017.12-12.jpg




サザンカとツバキは区別が付き難いですね。

違いは、ツバキは花の元からポロリと落ちますが、サザンカは、花びらが

一枚づつ散っていきます。



         
2017.12-12-2.jpg





         
2017.12-12-3.jpg




名前の由来は、中国名の「山茶花」が、

「山茶花(サンサカ)」→ 「山茶花(ササン)」→ 「山茶花(サザンカ)」

と変化して、「サザンカ(山茶花)」と呼ばれるようになったそうです。



          
2017.12-12-4.jpg





ピンクのジュウタン・・・美しいですね。しばらく眺めていましたが、

花びらがはらはらと散る姿には、季節の哀愁を感じますね。




         
2017.12-12-5.jpg





         
2017.12-12-9.jpg




サザンカの花言葉  「困難に打ち勝つ」 「謙遜」     ツバキ科




近くの団地のサザンカが今年も鮮やかに咲いていましたが、すぐ近くで咲くツバキは

花がそのまま落ちて茶色くなっていました。


力強く咲く椿も美しいですが、花が首からポロリと落ちる姿は好きになれません。

それに比べて、美しい花びらが一枚づつ散る姿には、優しさと哀愁がありその様は

本当に美しいです。


まだ、咲いているかな・・・・・もう一度行って見ますね。


今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:24| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

はがき絵日記 「マルバルスカス」 不思議な花


今日の一枚は、「マルバルスカス」 です。


葉っぱの裏にぶら下がった小さな小さな花が咲きました。

こんな花、見たことありますか・・・?。



        
2017.12-11.jpg





マルバルスカスは、5〜7cm程の卵形の葉の裏にぶら下がるように花が咲く

不思議な不思議な植物ですが、8mm程の小さな花が咲いています。




         
2017.12-11-1.jpg





         
2017.12-11-2a.jpg





         
2017.12-11-3.jpg





実は、葉に見えるのは枝が変化した葉状枝だそうです。茎ですよね・・・・・。

葉が茎だとしたら、花が咲いても不思議ではないですね・・・・・。




         
2017.12-11-4.jpg




真の葉は退化して鱗片状となっている葉状枝で、表と裏の両面に

小さな花を咲かせることもあるそうです。




         
2017.12-11-5.jpg





         
2017.12-11-6.jpg





原産地は、イラン、シリア、小アジアだそうです。

何か・・・神秘的ですよね・・・・・。



         
2017.12-11-7.jpg




マルバルスカスの花言葉   「陽 気」        ユリ科    ダナエ属





「お母さん、葉の裏から不思議な花が咲いたよ」 娘から電話があり行ってみると

本当に葉の裏に小さな花が咲き、他の葉の裏にもつぼみを付けていました。


数日前のフルートコンサートのときに頂いた花束の中に入っていたそうで、

葉っぱが綺麗だったので花が枯れた後、花瓶に挿していたそうです。

そして気が付いたら葉っぱの裏に小さな花が咲いているのに気が付きびっくり

したそうです。が、私もその姿があまりに神秘的でびっくりしました。

私のところに持ってきて、早速、絵に描いてみました・・・・・。


花の後には、赤い小さな実がなるそうです。どんな実がなるのか楽しみです・・・・・。


しらべてみると、挿し木が出来るようですので様子を見て鉢に植えて

育ててみたいと思います。


色々な植物があり楽しいですね・・・・・。


今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 08:01| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

ゲンペイカズラ 時代を感じる名前ですね。


今日の一枚は、ゲンペイカズラ(源平蔓)です。



         
IMG_0236a.jpg




ゲンペイカズラは、白いガクに赤い花を咲かせていますが、

今回、出会った花は、ピンク色のあまり見かけない雰囲気の

ゲンペイカズラでした。



          
2013.11-25-2.jpg





名前の由来は、昔、源氏が白旗、平家が赤旗を揚げて戦ったことから

「ゲンペイカズラ」と付いたそうです。



          
2013.11-25-1.jpg





          
2013.11-25-4.jpg





          
2013.11-25-6.jpg




   
ゲンペイカズラの花言葉   「親友」  「チャンス到来」

                       クマツヅラ科    クレロデンドロム属




数日前、成田山へ行ったとき参道にある「うなぎやさん」の

店先に見慣れない花が咲いていました。

店頭にいたお店の方に「ゲンペイカズラ」と教えていただき、

写真も撮らせていただきました。

ピンク色のゲンペイカズラは、初めてですがピンクの花も

優しい感じで可愛いですね。

        

うな重は、いただきませんでした・・・ごめんなさい・・・。



今日も、お付き合い有り難うございました。

         

         

         

ブログ村に登録しております。よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
posted by アイアイ at 12:30| Comment(7) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

はがき絵日記 「カンボケ(寒木瓜)」 


今日の一枚は、「カンボケ(寒木瓜)」 寒空の下、美しく咲いています。



        
2017.12-8-1s.jpg





寒い公園などで美しく咲いていますが、11月から12月頃に咲くボケを

「カンボケ(寒木瓜)」と云います。




        
2017.12-8-2.jpg





名前の由来は、果実の形が瓜に似ていることから、また、木に瓜がなることから

「ボケ(木瓜)」と名が付いたそうですが、カンボケは、寒い季節に咲くことから

「カンボケ(寒木瓜)」と呼ぶようになったそうです。




         
2017.12-8-3.jpg





         
2017.12-8-4.jpg





        
2017.12-8-5.jpg




カンボケの花言葉  「熱 情」      バラ科    ボケ属




平安時代に日本に渡来したと思われる中国原産の落葉低木です。


ボケには、日本原産の「クサボケ」がありますが、野山などで自然に咲いています。

奥高尾山の城山近くに多く見られます。地を這うように咲いていますよ・・・・・。


私は、ボケの花が大好きで、何枚も雰囲気を変えて絵を描いていますが、

中でも寒空の下で咲く「カンボケ」の雰囲気が好きです。


しばらく楽しませてくれますね・・・・・。



今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:14| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

日の出の不思議 サンピラー現象?


今日は、不思議な写真です。


昨日の朝、カーテンを開けると素晴らしい日の出寸前、コンデジを持ち出し

日の出の写真を撮りました。



        
IMG_0215a.jpg





美しい日の出を撮り気が付くと左下からまた、太陽が・・・・・あれー???。




         
IMG_0219.jpg





太陽が二つ・・・・・面白ーい、不思議な写真が撮れました。


下の丸いのが本物ですね・・・・・上は、冷たい空気による反射・・・・・?。



         
IMG_0224.jpg





         
IMG_0225.jpg






上空の空気が澄んだときにあらわれる「サンピラー」 による現象・・・・・?。


冬山へ登ったとき朝早く冷え切った登山道で、上空からあらわれた太陽柱や

ダイアモンドダストを見たことはありますが・・・・・。


まさか自宅マンションからこのような現象が見られるとは・・・・・不思議です。


早起きは、三文の得、本当にそのようですね・・・・・。



間違っていたらごめんなさい・・・・・詳しい事お分かりの方教えてくださいね。


今日も、お付き合いありがとうございました。
        







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 10:27| Comment(5) | 自然との語らい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

はがき絵日記 「ヘクソカズラ」秋の姿


今日の一枚は、「ヘクソカズラ(屁糞葛)」 実を付けた秋の姿です。



晩秋になると、色づいた沢山の実をつけた蔓がいたるところで見られますね。

このセピア色の蔓を見ると、季節の変化を気づかされます・・・・・。




        
2017.12-7.jpg





道端や林縁など何処にでも生える馴染みの植物ですが、近くの水路の金網に

沢山の蔓を伸ばし、茶色の実をいっぱい付けていました。




        
2017.12-7-1.jpg





名前の由来は、葉や茎を揉むと臭い匂いがしますが、茶色い実をつぶすと

やはり臭い匂いがします。名前の由来に納得です・・・・・




         
2017.12-7-3.jpg





         
2017.12-7-2.jpg






         
2017.12-7-4.jpg




ヘクソカズラの花言葉  「人嫌い」 「誤解を解きたい」   

                         アカネ科    ヘクソカズラ属



ヘクソカズラの気持ちが伝わってくるような花言葉ですね。



春から秋にかけては、名前とは似つかない可愛い花をいっぱい咲かせた蔓が

いたるところで見られますね。


別名「ヤイトバナ」とも呼ばれ、花を逆さに於くと「やいと(お灸)」を

しているときの形に似ていることからのようです。


季節の変化を感じさせてくれる・・・・・楽しい野草ですね


今日も、お付き合いありがとうございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 09:00| Comment(8) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

「北斎とジャポニスム展」 国立西洋美術館


西洋に与えた衝撃 世界初の展覧会

           北斎とジャポニスム” 国立西洋美術館にて開催中



        
2017.12-4.jpg





19世紀後半、日本の美術が西洋で新しい表現を求める画家たちを魅了し


「ジャポニスム」という現象が生まれ、最も注目されたのが浮世絵師の

「葛飾北斎」でした。



         
2017.12-4-1.jpg





モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなど、みんな北斎のモチーフから学んだそうです。


私の大好きなセザンヌの、サン=ヴィクトワールの風景画も北斎の富士山の視点から

捉えていたことを知り感動です。



         
2017.12-4-2.jpg





素晴らしい絵に感動のあとは、前庭の彫刻です。

お馴染みロダンの「考える人」 紅葉の中で見る表情がいつもと違って見えました



        
2017.12-4-3ab.jpg





こちらもお馴染みの 「カレーの市民」 です。



         
2017.12-4-4.jpg





「地獄門」 人々の苦悩の姿が彫刻されています。



         
2017.12-4-7.jpg





        
2017.12-4-6.jpg




北斎とジャポニスム展は、2018年1月28日(日) まで開催されています。



上野駅公園口を出ると文化会館の前から西洋美術館、上野公園はイチョウの

色づきが最高のときで上野の森は、とっても美しいです。



        
2017.12-4-8.jpg






美術館を出た後、色づく美しい上野の森を楽しんできました。

次は、上野の森の秋模様を紹介しますね。


今日も、お付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 12:31| Comment(8) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

はがき絵日記 「ザクロ」 


今日の一枚は 「ザクロ(柘榴)」 赤い実が弾けそうです。



数日前、成田山の参道の売店でザクロが売っていました。

今にも弾けて赤い実が飛び出しそうなザクロ・・・懐かしさに買ってきました。 



         
2017.12-3a.jpg





ザクロは、初夏には赤い花を咲かせ、秋には、外皮が赤い綺麗な実がなりますが、

初冬の頃から、外皮が弾け中からまっかな透明の果肉の粒が無数現れますね。




         
2017.12-3-2.jpg





一粒づつに種が入っていて、意外と種が大きく食べづらいですね・・・・・。




         
2017.12-3-3.jpg





果汁にはビタミンCが多く含まれ、抗酸化作用が強く肌の老化を防ぐことから

女性には嬉しいフルーツのようです。




         
2017.12-3-4.jpg





近くのスーパーで綺麗なザクロが売られていました。絵に描いたザクロとは印象が

違いますが、外皮が割れる前は、木の枝に綺麗な赤い実が生っていますよ。




         
2017.12-3-9.JPG




ザクロの花言葉 「成熟した美しさ」     実の花言葉 「結合」「愚かしさ」

                               ミソハギ科   ザクロ属




古代エジプトのクレオパトラや、中国の楊貴妃などの世紀の美女たちが

美を保つためにザクロを食べていたそうです。



田舎で育った子供の頃はよく食べていましたが、今回は何十年ぶりかな・・・・・。

わざわざ買ってきて食べる事はなく・・・・・久しぶりにいただきましたが、

甘酸っぱく懐かしい味がしました。


沢山あるときは、ジュースにしたり、ジャムにすると美味しいそうです。


今日も、お付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 19:24| Comment(7) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

浅間神社の紅葉


今日からいよいよ12月、今年も残すところ1ヶ月になりましたね。


美しく紅葉した葉が、ハラハラ舞い落ちる情景に季節の移ろいを感じ、

少し淋しさもありますがロマンチックな季節ですね・・・・・。



         
2017.1a.jpg




そんな最後の12月1日は、毎朝お参りしている稲毛浅間神社の美しい紅葉の

様子をお送りします。



         
2017.12-1.jpg




浅間神社の紅葉は、今、最高に美しく浅間さまの森が明るく輝いています。

そんな様子を写真で楽しんでくださいね。




         
2017.12-1-3a.jpg





         
2017.12-1-4.jpg





         
2017.12-1-5.jpg





         
2017.12-1-7.jpg





          
2017.12-1-8.jpg





         
2017.12-1-9.jpg





         
2017.12-1-10.jpg





         
2017.12-1-11.jpg





         
2017.12-1-12.jpg





         
2017.12-1-13.jpg





      
今日は、うす曇の寒い朝でしたが、朝のお参りを済ませ浅間神社の森を少し歩きました。

松林の中で色づいたモミジの紅葉と、松林の緑とのコントラストが美しくしばらく

眺めていました。


紅葉の色づいた様子は、快晴の陽を受け燃えるような紅葉も素晴らしいですが、

薄日のさす曇り空の中の紅葉はしっとりした表情が伝わってきます。


写真を撮るポイントにもよりますが、私は、薄日を選んで写真を撮っていますよ。



今日もお付き合いありがとうございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 11:48| Comment(10) | 自然との語らい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム