2017年05月27日

はがき絵日記 「クンシラン」です。

今日の一枚は、「クンシラン(君子蘭)」 美しく咲きました。



玄関に置いてある「クンシラン(君子蘭)」が、豪華な花を咲かせてくれました。

玄関が、明るくなりましたよ。



         
2017.6-1-1.jpg





名前は、「高貴な花」のイメージから「クンシラン(君子蘭)」の名が付いたそうです。

肉厚の長い葉とオレンジ色の花が力強く、高貴な雰囲気が明るくしてくれます。




         
2017.6-1-3.jpg





花が咲くのは、葉っぱが8枚以上になってからとのことで、数えてみると11枚ありました。

他の株は、6枚とか7枚とかで、やっぱり花茎が育っていません。




         
2017.6-1-6.jpg





         
2017.6-1-4.jpg




クンシランの花言葉   「誠実」 「情け深い」       ヒガンバナ科




ランと名が付いていますが、ラン科ではありません。




原産地は、南アメリカの雨の少ない地帯ですが、直射日光に弱いそうです。

一週間に一度は、鉢を回転させると均等に育ってくれるとか・・・・・。


これからは、まめに回転させて来年は、花数を増やしたいと思います。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 19:14| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

はがき絵日記 「ギンラン(銀蘭)」 です。

今日の一枚は、「ギンラン(銀蘭)」 控えめに咲いていますね。



        
2017.5-27b.jpg




ギンランは、林の中に生えるランの仲間で、派手さはありませんが

清楚に咲く白い花は目を引きますね。大きな木の根元で一本だけ咲いていました。



        
2017.5-27-1.jpg




名前の由来は、黄色いキンランに比べ白い花を咲かせることから

銀に見たて 「ギンラン(銀蘭)」 と付いたそうです。



        
2017.5-27-2.jpg




花は、完全には開かないで半開き状態の事が多いようです。



        
2017.5-27-3.jpg




ギンランの花言葉  「おとなしい貴婦人」       ラン科



素敵な花言葉ですね。

ギンランに似ている花で、「ササバギンラン」 がありますが、

ギンランより背が高く葉も細いです。




毎年同じところに生える 「フタリシズカ(二人静)」 このフタリシズカの

写真を撮っている時に、すぐ近くで咲いている「ギンラン」が目に飛び込んで来ました。

何年も通っている成田山公園ではじめての出会いでした。

大きな木の根元で一本の「ギンラン」・・・・・うれしかったです。



       フタリシズカ(二人静)      センリョウ科

        
2017.5-27-5.jpg





この後、毎年楽しみにしている「キンラン」の所へ行ってみると全く姿がありません。

数日前に行ったときには、つぼみを付けていたのですが・・・・・。


あまり人の行かない木の影で毎年美しい花を咲かせていましたが、

きっと心ない人に持っていかれたのでしょうね・・・・・本当に残念です・・・・・。


自然の中で咲く素敵な花・・・大切にしてほしいですね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:02| Comment(10) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

「エルミタージュ美術館展」 素晴らしい展覧会

エルミタージュ美術館展」 観てきました。



六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されています


   エルミタージュ美術館展」 オールドマスター西洋絵画の巨匠たち


ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、と三大美術館と云われる

エルミタージュ美術館のルネサンス、バロック、ロココの繊細で優美な西洋絵画は

観ていて身が引き締まる感動の素晴らしい展覧会でした。




        
2017.5-30-9.jpg






ロシアの皇帝で美術館を作った人・・・エカテリーナ2世。


ロシアの首都、サンクトベテルブルグに1764年、エルミタージュ美術館を作りました。

この作品のみ、撮影が許可されていました。



     戴冠式のロープを着たエカテリーナ2世    ウイギリウス・エリクセン   

         
2017.5-30-7.jpg





       林檎の木の下の聖母子       ルカス・クラーナハ

         
2017.5-30-1.jpg.jpg





       オークの木のある風景      ヤン・ファン・ホイエン


        
2017.5-30-5a.jpg




数ある風景画の中で、この作品が印象に残りました。





私が、若き頃に勤めていた「国立西洋美術館」でも、エルミタージュ美術館展を

開催した事がありました。数十年前のそのときのことを懐かしく思い出しながら

感動の展覧会が見られたことに感謝でした。



6月18日まで開催されていますので、興味ある方は是非いらしてみては如何ですか。

ロシアまでは、行けないですものね・・・・・。





この美術館は、六本木ヒルズ森タワーの52階にありますが、素晴らしい展望です。

美術館を出たところにある喫茶店で、コーヒーを飲みながらのんびり展望を楽しみました。


目の前に東京タワーが見えます。



        
2017.5-30-8.jpg





この1ヶ月近くは、珍しく体調を崩して出かける事が少なかった為、久しぶりの楽しい

開放感に元気を取り戻したような一日でした。



今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 22:22| Comment(6) | 美術館(絵画展)  写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

はがき絵日記 「ハナヤエムグラ」 です。

今日の一枚は、「ハナヤエムグラ(花八重葎)」 小さな野草の花です。



        
2017.5-24a.jpg





道端や草むら、芝生の中で自生し3mm〜5mmほどの小さな小さな花を

咲かせています。



        
2017.5-24-3.jpg




日本では、1961年に千葉県で確認されたヨーロッパ原産の帰化植物です。



        
2017.5-24-1.jpg





        
2017.5-24-2.jpg




草むらの中で可愛い花を咲かせえいます。健気ですね・・・・・。



         
2017.5-24-6.jpg




ハナヤエムグラの花言葉  「白い追憶」      アカネ科   ヤエムグラ属




植物図鑑で「可愛い花だなー」 と見ていたのですが、ウオーキングの途中で、

道端の草むらの中に咲いている小さな花を見つけ、写真を撮って帰り調べた結果

「ハナヤエムグラ」と解りました。


一年草なので来年は見られないかも知れませんね・・・・・。


今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 14:01| Comment(10) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

はがき絵日記 「シロバナマンテマ」 です。

今日の一枚は、「シロバナマンテマ」 白いマンテマも素敵です。



昨日は、ピンク色の「マンテマ」でしたが、今日は、白い花を咲かせる

「シロバナマンテマ」 です。

マンテマには、幾つかの種類があるようです。



        
2017.5-20.jpg




「シロバナマンテマ」と、「マンテマ」 花の付き方が多少違うようにもおもいますが、

花についての内容は変わりませんので、今回は、写真を載せますので

写真で楽しんでくださいね。



        
2017.5-20-2.jpg





        
2017.5-20-3a.jpg





        
2017.5-20-4.jpg





        
2017.5-20-6.jpg




シロバナマンテマも、群生して咲いています。今年は、特に多いようにおもいます。



        
2017.5-20-14.jpg





どちらのマンテマも、花が小さく地味なので群生して咲いていても

ただの草むらと思い可愛い花には気が付かない方が多いと思います。


写真を撮っていて声をかけられ、可愛い花が咲いていることを教えてあげると

初めて気が付き「可愛い花」と喜ばれています。


厳しい自然の中で頑張って咲いている小さな野草の花には愛しさを感じますね。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 00:20| Comment(12) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

はがき絵日記 「マンテマ」小さな花です。

今日の一枚は、「マンテマ」 小さく地味な色で目立たない野草です。



        
2017.5-14.jpg




茎の上部に、約7mm 程の小さな小さな花が、可愛い姿で咲いています。



        
2017.5-14-1.jpg




花から茎全体に長毛と腺毛が混生しています。



        
2017.5-14-2.jpg





        
2017.5-14-6.jpg.jpg




群生して咲いていることが多いですが、色も地味で小さくなかなか目立ちません。

座って覗き込みじっくり見ると、とっても可愛い表情していますよ。



        
2017.5-14-12.jpg




このように群生して咲いていても、雑草のようで気に留める方は少ないようです。



        
2017.5-19-15.jpg





マンテマの花言葉   「偽りの愛」        ナデシコ科   マンテマ属



どちらかというと海岸沿いに多く群生しています。

砂浜にも、ぼつぼつ咲いていることもありますが、海岸沿いの防風林の歩道脇には

群生している事が多いです。


こちらの検見川浜から幕張海岸への歩道にもかなり咲いていました。

今年は、特に多いように思います・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。







ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 09:00| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

はがき絵日記 「ウラシマソウ」 です。

今日の一枚は、「ウラシマソウ(浦島草)」 ユニークな花ですね。



ウラシマソウは、長い釣り糸を伸ばしユニークな姿で目を引きますね。



        
2017.5-16.jpg




太い花穂から伸びる細長い糸を「浦島太郎」の釣り糸に見立てて名が

付いたそうですが面白い本当にユニークな植物ですね・・・・・。



         
2017.5-16-1.jpg




同じウラシマソウでも、生えている場所や環境によって少しづつ姿が違います。

いろいろな所で撮った写真を出してみました。



         
2017.5-16-2.jpg





         
2017.5-16-3.jpg





         
2017.5-16-4.jpg





         
2017.5-16-5.jpg





         
2017.5-16-7.jpg




ウラシマソウの花言葉 「懐古」 「回想」    サトイモ科  テンナンショウ属




テンナンショウ属の花はどれもユニークな姿をしていますね。

私が知っているだけでも、ユキモチソウ、マムシグサ、ムサシアブミ、

ミミガタテンナンショウなどなど・・・・・。

日本には、30種もの仲間があるそうです。

私の好きな高尾山でも、多く見かけますよ・・・・・。


今日は、写真協会の例会で出かけます。夜は、遅くなりそうです。


今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 13:29| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

はがき絵日記「ニワゼキショウ」可愛い花です。

今日の一枚は、「ニワゼキショウ(庭石菖)」小さな花です。



花は、一日花で夕方にはしぼんでしまいますが、次々に花を咲かせます。



       
2017.5-18.jpg




今の時期、日当たりの良い道端や芝生の中で、色もいろいろ配色もハイカラな花を

咲かせています。草丈は、10〜20cm、花は、1.3cm位と小さな花です。


草丈は短く花も小さいけれども、きりっとした花姿で咲いていますね。



        
2017.5-18-1.jpg





        
2017.5-18-3.jpg





        
2017.5-18-2.jpg





こちらのブルーの花は、同じ種の「オオニワゼキショウ」 です。



        
2017.5-18-4.jpg




花は、ピンクの他に色の濃いものや白に近いものなどさまざまな色の花を咲かせています。

花後に出来る丸い実も可愛いですね・・・・・。



        
2017.5-18-5.jpg





        
2017.5-18-7.jpg





        
2017.5-18-9.jpg





        
2017.5-18-8.jpg
 



ニワゼキショウの花言葉  「豊かな感情」「繁栄」   アヤメ科  ニワゼキショウ属 




明治時代に渡来したアメリカ原産の帰化植物です。        


ニワゼキショウには、背がもう少し高く花は小さいのですが「オオニワゼキショウ」

があります。ブルーの花が多いようですが・・・・・。



今の時期は、公園の日当たりのいい場所や道端の雑草の中で小さな花のお花畑が

とっても美しいですね。


マンションの下の公園は、2日前に綺麗に刈られてしまいました・・・・・。

さっぱり綺麗になりましたが、野草の花が好きな私にとっては・・・淋しいです。

でも、「ご苦労様です」 とお礼をいいましたよ。



今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 10:34| Comment(9) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

はがき絵日記 「スズメノヤリ」

今日の一枚は、「スズメノヤリ」目立たない野草です。



素朴で、全く目立たない野草ですが、芝生の中などで見られますよ。



        
2017.5-13a.jpg




小柄な野草で、早春に穂を出し始め、細い茎の先に花っぽくないトゲトゲの

褐色のかたまりがありますが、それが花となっています。



         
2017.5-13-1.jpg




名前の由来は、昔、大名行列の時の手槍に似ていて小さい事から「スズメノヤリ(雀槍)」

と名が付いたそうです。



        
2017.5-13-2.jpg





        
2017.5-13-3.jpg




芝生の中などで、10cm ほどの茎の先に目立たない茶色い花を付けていますよ。



        
2017.5-13-4a.jpg




スズメノヤリの花言葉  「邪魔しないで」     イグサ科  スズメノヤリ属




他にも、スズメノカタビラ、スズメノエンドウなど、野草でスズメが付くと

小さな花なので、よほど気にかけて見ないと気が付かないと思います。


スズメノヤリも、今の時期、芝生の中などでいっぱい自生していますので

ちょっと注意してみてみてくださいね。

きっと、何気なく見過ごしているとおもいますよ・・・・・。





今日は、母の日、娘から素敵なウオーキングシューズが、プレゼントされました。

嬉しいですね。これからも、元気いっぱいウオーキングを楽しみますよ。


IMG_0301a.jpg




今日も、お付き合い有難うございました。






ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 19:01| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

はがき絵日記 「ホウチャクソウ」です。

今日の一枚は、「ホウチャクソウ(宝鐸草)」 です。



白い花を、葉の下でぶら下がるように付けていますね。



        
2017.5-12m.jpg




長くのびた茎の葉の元から円筒状の3cm位の花が1〜3ヶ垂れ下がり、花被片を

ひろげてこれ以上に花が咲くことありません。

開いたらきっと素敵な花でしょうね。

咲くことがないなんて・・・・・ちょっと淋しい気がしますね。



         
2017.5-12-3.jpg





         
2017.5-12-4.jpg




名前の由来は、下垂する花をお寺の屋根の4隅の軒に下げた宝鐸に見立てて

「ホウチャクソウ(宝鐸草)」と名が付いたそうです。



         
2017.5-12-5.jpg





         
2017.5-12-6.jpg




ホウチャクソウの花言葉  「追 憶」      ユリ科    ホウチャクソウ属





同じユリ科で、よく似た花があります。


ワニグチソウ、ナルコユリ、アマドコロ、チゴユリなど、よく似ていますが

花の姿には、それぞれ特徴がありますね。



風に揺れながら葉の下で控えめに咲く花は、一見優雅にも見えますね・・・・・。



今日も、お付き合い有難うございました。








ブログ村に参加しております。
よろしければぜひ、ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

posted by アイアイ at 16:02| Comment(6) | はがき絵日記 山野草他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ディスクシステム